welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

ウイルス性の胃腸炎!感染の経路や対処法は?

      2016/02/19

ウイルス性の胃腸炎!感染の経路や対処法は?

寒い時期になってくると特に、「ウィルス性」の胃腸炎に感染してしまうかたが多くなるようです。

できればかかりたくないものですよね。

今回は対処法や対策などについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

ウィルス性の胃腸炎に感染する経路は?

まず最初に、「ウィルス性」の胃腸炎に感染してしまう、その感染経路はどのようなものかみていきましょう。
今回は、「細菌性」ではなく、「ウィルス性」のものについての感染経路をみていきますが、ウイルスには、みなさんもご存知の方が多いかと思いますが、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「アデノウイルス」などが原因のウイルスとなります。

この中でも特に、「ノロウイルス」は冬場などに「生牡蠣」などの二枚貝でウイルスがついているものをよく加熱せずに食べたりすると感染し、その結果ウイルス性の胃腸炎がおこります。

みなさんもよく病院やレストランなどでの集団感染などのニュースを見ることがあるかと思いますが、このノロウイルスはたった10個くらいのウイルスでも感染するほど感染力が強いため、注意が必要です。

かかった人のの吐物や便が感染源となることもあります。
このような感染が考えられる経路を断つことが予防につながるといえそうです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

ウィルス性の胃腸炎に感染してしまった場合の対処法は?

「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「アデノウイルス」などが原因のウイルスの、「ウィルス性の胃腸炎」に感染してしまった場合の症状は主に、「嘔吐」や「下痢」で、下痢もお腹の痛みを伴うもののことが多く、軟便から、時には水様便などのものがでることもあります。

これは、ウイルスをはやく体の外に出そうとする体の反応です。
仕事などにいかなくてはいけないときなどはどうにかしてこれを止めようと考えてしまうかと思いますが、薬などで安易に下痢などをとめてしまうのはかえって危険なことがありますので注意が必要です。

脱水や発熱による全身倦怠感が強くなることがありますので、その場合には各症状に対する「対症療法」が主となります。残念ながら、ウイルス性の胃腸炎に対する「抗ウイルス剤」というものは存在しません。

何よりも怖い「脱水」の症状を防止するために水分をこまめに補給、および脱水が強い時には、点滴による「補液療法」をするのもよいでしょう。

ウィルス性の胃腸炎に感染しない予防法とは?

まず、ひとくちに胃腸炎といっても、「ウイルス」によるもの、および「細菌」によるものがあります。

「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「アデノウイルス」などが原因のウイルスである、「ウィルス性」のものの場合には、感染経路が二枚貝などを食べたときに感染したり、かかった人のの吐物や便が感染源となることもありますから、たとえば冬場はウイルス感染の原因になりそうな二枚貝を食べることをできるだけ避ける、また、かかった人の吐物や糞便があるかもしれない、外のトイレや病院内などにはできるだけ近づかない、行かなくてはいけないときには、十分手洗いうがいをするようなことも予防法として効果があるといえそうです。

いかにして感染源となるウイルスから身を守るかが大切となってきます。
トイレなども、洋風のトイレの場合には、きちんとふたをしてから流すようにしましょう。流す勢いで空気中にウイルスが飛び散ることもありますから注意が必要です。

この記事の続きを読む

次のページ>>  ウィルス性胃腸炎に効果的な薬とは?

 - 菌・ウィルスの症状