welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

睡眠薬を大量に服用した場合の処置はどうなるの?

      2016/02/09

睡眠薬を大量に服用した場合の処置はどうなるの?

睡眠薬は大量に服用した場合はすぐに救急車を呼び、焦らず応急処置を施しましょう。

病院では一般的に胃洗浄が行われ、たいていの場合は患者は意識を回復します。

処置が早いほど後遺症は軽く済むことが多いです。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

睡眠薬を大量に服用した場合どんな処置がされる?

睡眠薬を大量に服用した場合、応急処置の方法は二つに分かれます。

それは、服用した本人に意識がある場合の処置と、意識がない場合の処置です。

どちらの場合もまずは救急車を呼んでください。

意識がまだある場合は、胃の中の薬がまだ全て吸収されていない証拠なので、すぐに大量の水(又はぬるま湯)を飲ませて吐かせます。

口の中に指を突っ込むと吐きやすいですが、喉を傷つける可能性があるので、無理やり吐かせる必要はありません。

吐けない時はぬるい牛乳を大量に飲ませてください。

牛乳は意の中に粘膜をはって睡眠薬が吸収されるのを防ぐ効果があります。

意識がない場合は、横を向かせて気道を確保して寝かせましょう。

これは万一薬を吐き戻した時に吐しゃ物で気道が詰まらないようにするためです。

時間が経過すると体温が下がってくるので毛布などで包んで温めた状態で救急車を待ってください。

病院では胃洗浄が行われます。

これは意識があると大変な苦痛を伴う処置ですが、発見が早かった場合は胃洗浄で回復します。

意識がない患者さんの場合も同じですが、早い方が後遺症も少なくて済みます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

睡眠薬を大量に服用した場合処置が遅れると。

睡眠薬の種類にもよりますが、幼児やお年寄りなどを除く、健康状態が良好な大人は睡眠薬を大量に摂取したとしても、それが原因で死亡するケースは少ないと言われています。

しかし複数の睡眠薬やアルコールと同時摂取をすると非常に危険で命にかかわります。

発見が遅くて胃洗浄の処置が遅れると、たとえ回復しても深刻な後遺症が出る可能性があります。

例えば、繰り返し胃洗浄をしたため、激しい胃痛が続き、しばらくは食事が摂れないので点滴で栄養補給することになります。

咀嚼することもできないことがあり、歩行も困難になります。

また、脳に障害が残って言葉がうまく話せなくなる可能性もあります。

これらは意識が戻った場合に起こる後遺症です。

最悪の場合は意識が戻らず死亡してしまいます。

睡眠薬を大量に服用した場合、発見と処置の早さが回復する可能性の高さと比例します。

処置が早ければ早いほど、後遺症の影響も少なくなります。

とにかく早く病院で手当てを受けましょう。

睡眠薬を大量に服用した場合。処置は早いほうがいい!

睡眠薬を大量に服用した場合、処置は早ければ早いほど良いです。

意識がある状態の方が早期回復をみこめますし、薬による後遺症も少なくて済みます。

特に、睡眠薬とうつ病の薬をミックスして服用していたり、アルコールと同時摂取したりしている場合は命の危険があるので、早期発見・早期治療が一刻を争うことになります。

処置が早かったとしても、必ずしも後遺症が残らないわけではありません。

胃洗浄を受けたことによる胃痛、一時的な記憶障害はもとより、呼吸が止まっていたとしたら脳に障害が残る可能性もあります。

処置は早いほど良いけれど、早かったから必ずしも後遺症が軽くすむわけではないことを強調しておきます。

また、処置を早く受けさせることで、発見者も気持ちが落ち着きます。

処置が遅れると助かる確率が低くなりますから、発見者はとても苦しい思いをしなくてはいけなくなります。

「なぜもっと早く発見できなかったのか」と自分を責める発見者がたくさんおられます。

ですから、薬の大量服用で倒れている方を発見したら、すぐに応急処置をして病院で専門ケアをしてもらうことが両者にとって良いのです。

この記事の続きを読む

次のページ>>  薬の大量服用した場合の処置は睡眠薬と同じ?

 - 薬剤