welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

睡眠薬を処方されたときの値段はどれくらいなの?

      2016/02/09

睡眠薬を処方されたときの値段はどれくらいなの?

病院で処方される睡眠薬の値段はさまざまです。

値段によって効果は変わるのでしょうか?

今回の記事ではそれについて触れていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

睡眠薬を処方されるなら値段はいくら?

睡眠薬については病院で処方されるのであればその処方される薬の薬価によって金額が変わってきます。

しかし、一般的な値段でいうと大体2週間分の睡眠薬を処方されると睡眠薬の値段としては1500円前後になると言われています。

病院で処方される場合にはそれほど大きく薬価が変わるものはないため、大体この程度の金額に落ち着くことになります。

まれに睡眠薬の中でも値段が高いものがありますが、このような睡眠薬を用いる場合にはあらかじめ医師から値段についての事前説明が入るというのが通例になっています。

また、病院ではなく個人で睡眠薬を海外から輸入するという個人輸入という方法や睡眠薬を処方してもらう場合でもジェネリックの睡眠薬を選択するといったような方法をとると、睡眠薬の値段は上記の値段よりも下がることになります。

しかし、睡眠薬は値段で選ぶものではありません。

あくまでしっかりと医師と相談したうえで自分の睡眠障害を改善するために最適な睡眠薬を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

処方される睡眠薬は値段によって効果が違う?

処方される睡眠薬によって値段は多少変わってきます。

例えば、マイスリーという睡眠外来や精神科・心療内科などでよく使われている睡眠薬があります。

このマイスリーのような薬については1錠47.3円という薬価に設定されています。

そのため、10錠を処方してもらうと473円となり、保険の負担で大体130円前後の金額を支払うことになってきます。

ほとんどの睡眠薬についてはこの程度の薬価で落ち着いているものが多くなっています。

しかし、睡眠薬の種類によっては薬価が1錠で100円以上となっているような薬もあります。

睡眠薬の値段が高いから効果が高いと一概にいうことはできません。

しかし、新薬などは値段が高く設定されており、このような新薬はいままでの睡眠薬の副作用などの欠点を補っているものであるため、従来の睡眠薬よりも効果が高いものであると考えられます。

ただ、睡眠薬としての効果自体は値段に必ずしも比例するということはできません。

値段の安い睡眠薬を処方されるならまだ症状は軽い?

値段の安い睡眠薬を処方されているからといって睡眠障害の症状が軽いというわけではありません。

あくまでも睡眠薬の値段というのは睡眠薬自体の効果に比例して設定されているというものではありません。

効果の弱い薬であってもその薬が副作用の少ない新薬であるといったような場合には睡眠薬の値段が高く設定されている場合もありますし、昔から使われている薬であれば値段が安くなっている場合もあります。

また、効果の強い薬であってもジェネリックの睡眠薬を選択しているため、睡眠薬の値段が抑えられているという場合も考えられます。

また、同じ睡眠薬を使用する場合でも5mgの錠剤を購入する場合よりも10mgの錠剤を購入した場合の方が安いなど量が多くなるほど睡眠薬の値段が安くなるというケースも見られます。

このように病院で処方される睡眠薬の値段だけでは自分の睡眠障害の程度は分かりません。

処方されている睡眠薬の値段が安いからといってそれだけで安心してしまうというのは避けるようにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  睡眠薬を処方されるとき

 - 薬剤