welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

睡眠薬を処方してもらう期間はどれくらい?

      2016/02/09

睡眠薬を処方してもらう期間はどれくらい?

睡眠外来と言う専門の診療を行っている病院が出来るなど、睡眠に関する関心が高まっています。

一方で、睡眠薬がどれくらいの期間で処方されるのか不安に思う人もいます。

睡眠薬の基本についてご案内します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

睡眠薬を処方されました。服用期間は?

睡眠薬の服用期間は薬の内容によっても大きく異なります。

これは人によって症状や病状が異なり、普段の生活や仕事との兼ね合いも重要になってくるからです。

睡眠薬は多くの場合不眠に陥っている際や、強い不安感を感じた時などに処方されるものです。

これはストレスや仕事などで生活のリズムが乱れている場合なども含まれ、一般的に服用期間は長くなる傾向にあります。

これは、日ごろの仕事やストレスと上手く折り合いをつけていくことが難しいためで、根治のためには環境自体の大幅な変化が必要になる事もあるからです。

一方で、旅行や引っ越しなどの一過性の物が不眠の原因となっている場合は、比較的短期間で服用期間が終わる事もあります。

これは体が睡眠や生活のリズムを取り戻すまでの補助として使われるためで、比較的軽めの薬を処方されることが多いからです。

薬がなくても眠れるようになれば服用をしなくてもいい事になりますが、睡眠薬には急に服用を中止すると副作用が出やすいものも有るため注意が必要です。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

睡眠薬を処方されたが服用期間よりも早めに中止すると

睡眠薬を服用期間よりも早めに中止すると、副作用などが出る可能性があります。

これは強い睡眠薬ほど薬の効果が強く、体に残りやすいからです。

突然薬の服用を中止すると、体のバランスや睡眠のリズムが崩れ、さらに症状が悪くなる可能性もあるのです。

症状がぶり返して、さらに眠れなくなることも有るため、大変危険です。

また、薬によっては不安を抑える効果があるものも含まれるため、眠れないだけでなく理由も無く不安になったり、眩暈やふらつきなどの症状が出る事もあります。

睡眠薬をやめるときは、計画的に薬の量を減らし、徐々にならしながら様子を見る必要があるのです。

そのため、眠れるようになってきた場合は医師に相談して、より軽めの薬にして貰うか、2日に1度などと時間をおいて服用するようにしていき、全く薬がなくても眠れるようになれば不要と言う形になります。

服用をやめたくなったらまず医師に相談し、経過が順調なのを確認してから止めたが良いのです。

処方された睡眠薬の有効期間は?

薬は製造から数年は使用可能なものですが、メーカーや薬によっても違います。

基本的に処方された薬は処方日数を使用期限として考えられており、薬局や製薬会社はそれ以上の保障を行わないのが通常です。

そのため、有効期間は処方されてから、処方薬を既定のタイミングで飲み切るまでとなります。

しかし、睡眠薬を毎日飲む必要がない、少しずつ薬を減らしている段階の人や、どうしても眠れない時のために少量だけ処方されるケースも有ります。

こういった場合は、事前にどの程度なら大丈夫か処方を行った薬剤師に相談しておくのが安全と言えます。

相談がしづらい状態であれば、近所の薬局などで聞いてみるのも方法です。

また、薬は温度や湿度と言った管理状態でも成分が変化を起こす可能性があるため、絶対的に大丈夫な有効期限を書きづらいと言う理由もあります。

そのため、安全性にこだわるのであれば、数ヵ月や年単位で放置された薬は使わず、診療を受けて新たに薬を処方してもらった方が安全と言えます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  服用期間によって睡眠薬の種類が違う?

 - 薬剤