welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃と背中に鈍痛が!?どんな病気の疑いがあるの?

      2016/02/09

胃と背中に鈍痛が!?どんな病気の疑いがあるの?

胃や背中の鈍痛は多くの病気の症状としてあげられています。

「きっと私は大丈夫だろう」と放置していると、

取り返しのつかない病気が潜んでいる可能性があります。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃も背中も鈍痛が!何かの病気の疑い?

胃と背中が同時に痛い時は、ストレスの場合が多いですが、時には恐ろしい病気が隠れていることもあります。

胃と背中の鈍痛で疑う病気は急性胃腸炎または慢性胃腸炎です。

ストレス、食生活の乱れ、体内分泌の異常など原因は様ざですが。

胃腸炎で鈍痛を訴えるかたはたくさんいます。

自分の分泌液の過剰などで自分を痛めてしまう病気です。

多くの場合は休息をとれば治るのですが、悪化してしまうと胃潰瘍や十二指腸潰瘍など比較的深刻な病気になる可能性もあるので、早めに病院で受診してお薬を処方してもらうことをお勧めします。

また慢性化してしまうとなかなか治らなく、緊張するとすぐお腹が痛くなってしまうこともあります。

また胃腸だけでなく、腎臓や肝臓に異常がある時も胃のあたりや背中が痛くなることはあります。

背中と胃の痛みはいろいろな病気の症状として現れるので、症状だけでは断定することは極めて難しいです。

手遅れになる前に対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

胃も背中も鈍痛が!どうしてそうなる?

胃と背中が同時に鈍く痛い時は、2つの原因が考えられます。

1つ目は、ストレスによる鈍痛です。

人間はストレスを感じていると交感神経が興奮し、胃酸が出やすくなります。

本来、胃は食べ物を溶かすためのもので、野菜だけでなく肉なども解かせてしまうので、もちろん人間の胃も溶かせてしまいます。

これでは困るので胃の表壁から分泌される粘液が私達の胃を胃液の酸から守ってくれます。

しかしながら、ストレスを簡易て胃液の分泌がふてしまうと胃液の濃度が上がるので粘液がたりなくなり、胃の壁を傷つけてしまい、鈍い痛みを感じるようになるのです。

この痛みは戦火まで来ることも多いのがストレスによる鈍痛の特徴でもあります。

これがいきすぎてしまうと胃潰瘍など大変な病気になってしまうので、ストレスをこまめに解消して胃を休めることが大事です。

2つ目はおなかいっぱい食べた後です。

食後胃がふくれた状態だと周りの臓器などを圧迫することになり、その結果として胃や背中が痛くなります。

消化が終わった後に痛みが引いていれば、この可能性が高いでしょう。

食べる時は腹8分目を意識し、食後すぐに寝転がったり、反対に激しい運動などは控えましょう。

ストレスの場合以外にも病気が潜んでいる可能性もあるので、気になったら病院に行くようにしましょう。

胃も背中も鈍痛が!緩和出来る方法はある?

胃と背中の鈍痛はずっとつきまといもしかしたら重大な病気なんじゃないかと心配する方が多いと思います。

重大な病気が隠れている場合も多いので、安心はできませんが、ストレスなどによる痛みの場合はその痛みを緩和できる方法が2つあります。

1つ目はストレスを解消することです。

皆さんストレスを感じている時に心臓や胃のあたりに鈍痛がすることがあるとおみますが。

これは決して精神的な痛みではありません。

精神的なストレスから交感神経などが興奮し、様々な物質が分泌されます。

胃では胃液が分泌されたりします。

このような痛みを緩和する方法としてはストレスを感じない状況、あるいは解消できる状況に自分を置くことです。

自分なりの解消法を見つけるのが良いですが、最初のうちはカラオケや運動や睡眠など一般的な解消法で良いでしょう。

2つ目は体を温めることです。

ただ厚着をするということではなく、中から体を温めることが大事です。

そのためには白湯を飲むようにして、冷たいのみのは避けたり、腹式呼吸をすることも体を温める方法です。

要するに胃や背中の鈍痛が血行不良の場合も多いので体を芯から温めましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  胃の鈍痛から来る病気

 - 背中の症状