welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

睡眠してると筋肉が硬直してしまう?原因や対処法は?

      2016/02/09

睡眠してると筋肉が硬直してしまう?原因や対処法は?

睡眠してる時に筋肉が硬直してしまうということはありませんか?

その場合、ストレスや自律神経のバランスが崩れている可能性があります。

今回は、睡眠時に筋肉が硬直してしまう原因や対処法などを調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

睡眠時に筋肉が硬直してしまう原因とは?

睡眠時に筋肉が硬直してしまう原因はいくつかあげられます。

例えば、過度のストレスや自律神経のバランスが崩れているなどです。

仕事や子育でなどで心身共にストレスがたまっていると、睡眠中に脳は寝ようとしていても体が緊張して寝付けなかったり、眠りが浅くて翌日体がだるい、疲れが取れない、肩が凝るなどの症状が出るようになったりします。

子の場合、筋肉の異常な硬直は不眠や寝不足に直結しています。

また、睡眠中に筋肉が硬直してしまうのは、寝具や就寝環境が悪いこともあります。

体に合わない寝具だと、質の良い睡眠はとれません。

例えば敷布団が柔らかすぎると体が沈みこんでしまい、楽に寝返りがうてません。

逆に硬すぎると腰や背中に負担がかかり筋肉を固く凝らせてしまう原因になります。

枕も同じです。

首のフィット感が悪い枕は筋肉を強張らせ、全身を緊張させてしまうので、自分の体に合うものを吟味してください。

リラックスした状態で眠りにつくには、体に合った寝具を選ぶことが非常に需要なのです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

睡眠時に筋肉が硬直する病気ってあるの?

睡眠中に筋肉が硬直する病気はいくつか考えられますが、うつ病やストレスによる睡眠障害があげられます。

これらの病気には、睡眠中の筋肉の異常緊張や歯ぎしり、異常な発汗、浅く不規則な呼吸などの症状も含まれます。

特に、うつ病の患者さんのほとんどが、体が以上に硬直しています。

体が硬直すると自律神経に影響を与え、交感神経と副交感神経の切り替わりがうまく作用しなくなってしまうのです。

昼間活発に運動をしている時や、何か物事に集中している時は交感神経が活発に働いています。

一方、夕方以降のリラックス状態の時に副交感神経が働いています。

しかし、うつ病で常時筋肉が緊張していると、副交感神経が働くべき場面(睡眠時)でも交感神経が働いている状態になってしまうのです。

筋肉と自律神経の働きは密接に関係しています。

筋肉の緊張をほぐしてやると、自律神経は交感神経と副交感神経のバランスと取りやすくなり、心身共にリラックスすることができます。

睡眠時に筋肉が硬直した場合の対処法とは?

睡眠中に筋肉が硬直していると感じる時、たいてい人は眠りが浅く背中や首、肩に異常な強張りを感じています。

時にはぎゅっと拳を握りしめたり、奥歯を噛みしめたりしていることがあるかもしれません。

そのような時は一度起き上がって体の筋肉をほぐす軽い体操をしてみて下さい。

汗をかいているようなら、着替えて気分を一新しましょう。

首、肩、背中の筋肉をほぐす柔軟ストレッチがお勧めです。

10分程度で大丈夫です。

最後に腹式呼吸をして何も考えずに体の力を抜きましょう。

寝付けそうになければ人肌程度に温めた飲み物を飲んでみてください。

脳と体をリラックスさせることが大事ですから、眠れないからと本を読んだりスマホをいじったりしてはいけません。

脳が興奮して眠れなくなってしまいます。

もしもう一度眠れないようなら、力を抜いて横になっているだけでも休息は取れますから、静かな音楽でも聞きながら目を閉じて朝まで体を休ませてください。

ただ起きているよりは体の疲れ具合が違うはずです。

この記事の続きを読む

次のページ>>  睡眠時に筋肉を硬直させないための予防法とは?

 - 睡眠の症状