welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

心療内科・精神科での名医の見極め方とは?

      2016/02/09

心療内科・精神科での名医の見極め方とは?

あなたが、もしも精神疾患などを患ってしまった場合、心療内科や精神科を受診することになります。

できれば、早く病気を治したいとなると、名医の先生に診てもらいたいと思いませんか?

今回は、心療内科や精神科の名医とは一体どんな先生なのかをご紹介します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

心療内科や精神科の名医を調べる方法とは?

精神科のWebサイトの医師紹介欄に「精神保健指定医」と書いてあることがありますが、この資格によって精神科でどのくらいの期間実績を積んできたかが明確になります。
精神科を受診したい方にとっては情報収集の一つの目安となるでしょう。

メンタルクリニックなどの開業医で精神保健指定医の資格を持っていると、経歴欄に「20**年、○○病院精神科に入職」と記載され有床の精神科医療機関に在籍し、精神疾患についての経験を積んできたことがわかりやすくなっています。

しかし、精神科病院や総合病院精神科等の受診をした場合は先生の数も多く、主治医が指定医の資格を持っていなかったり、経験の浅い医師となる可能性もあります。こういった場合はどうなるのでしょうか?こちらは経験豊富な有資格者の医師とのチーム医療が行われますので心配はいりません。

「精神保健指定医」の資格の有無は本来、その先生がどういった専門であるかを知るための一つのツールとなります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

心療内科や精神科の名医見極め方とは?

一般的な内科と違い心療内科ではカウンセリングに比重が置かれます。専門教育を受けたカウンセラーが臨床心理学に基づきカウンセリングを行います。このカウンセリングはクライアントとのコミュニケーションを通じて、心理的に変容を促す仕組みとなっています。

医療機関でもカウンセリングは心理療法の一部なので医師が行うこともありますが、臨床心理士が行う事が多いのです。
心療内科の名医にカウンセリングをお願いしたいという方は大勢いるはずです。しかし、心療内科と言っても個人ごとに症状は様々であるので、名医に罹ったからと言って必ずしも症状が良くなるとは言えないのです。

それは心療内科という特異な性質を診療科は医師や処方薬は病気を改善させるきっかけを与えるのであって病気そのものを“治す”ものではないのです。
あくまで、本人がこのような症状に至るまでの考え方や価値観を変えることによって完治をさせる必要があるからです。

そのため、この疾患での名医というのは患者自身が高い信頼を置ける医師ということになるのです。

心療内科や精神科の名医の条件とは?

【名医の条件その1】
「わたしの名医さん」に選ばれる条件として、患者が何でも先生に話せることが挙げられます。
それは、心療内科を受診する患者さんは特に精神的に不安定なことがたびたびあります。
高圧的な医師であると、萎縮し素直に話すことができなくなるのです。そのためにこのような条件が挙げられます。

【名医の条件その2】
もう一つの条件は患者の話をよく聞いてくれる。
名医とされている医師でも、患者の話を聞かない医師は信頼関係を築くのは難しいでしょう。信頼関係は服薬指導などにも大きく影響します。これまで病気に至った経緯や何気ない現在の状況も把握することで、正確な診断ができるのです。

【名医の条件その3】
薬についての説明を十分にしてくれること。

投薬する薬についての基本的情報。つまり、効果や副作用、服用の仕方等を丁寧に説明してくれることが挙げられます。

心療内科での処方薬はあまりなじみのないものばかりです。そのため、きちんとどういった薬であるのかを説明することによって患者は安心し、服薬することができるのです。

この記事の続きを読む

次のページ>>  心療内科や精神科の名医についての考察

 - 心の症状