welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

仕事中に眠気が!立ち仕事でも眠くなってしまうとヤバイ?

      2016/02/09

仕事中に眠気が!立ち仕事でも眠くなってしまうとヤバイ?

仕事中の眠気は立ち仕事でも感じることがあり、

立ち仕事の眠気は周囲から

注目されてしまう事も多いので注意が必要です。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

仕事中に眠気があると立ち仕事にどんな影響があるの?

仕事中に眠気を感じてしまうことというのはありますが、多くの場合が座って単純作業を繰り返すような時です。

また、長時間同じ席に座っていなければいけない受付なども午後のあたたかい時間だと眠気を感じてしまうこともあるでしょう。

ですが、こういった仕事中に眠気を感じてしまうことというのは座ったままの仕事に限ったことではなく、立ち仕事でも感じてしまうことがあるものです。

立ち仕事の場合、接客業や見張り番、案内係などであることも多いですが、こういった立ち仕事は同じ位置にいなければならず、行動範囲も視界も狭いことから眠気を感じてしまうこともあります。

ですが立っていることで周囲からは目立ちますから、眠いような表情をしてしまうことで仕事へのやる気が見られないと思われたり、暇だと思われてしまうこともあります。

ですから立ち仕事で眠気があると、職場全体のモチベーションが下がってしまうような影響がでてくるので注意が必要です。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

仕事中に眠気がひどく立ち仕事なのに寝てしまうことってあるの?

立ち仕事でも、仕事中に眠気が酷くなって寝てしまうことはあります。

ですが座っている状態ではないので、完全に寝てしまうことはなく、ふらついたりすることで寝てしまっても目が覚めるということがあります。

眠気が酷い時はこの立ちくらみのような状態やふらつきが頻繁に起こるようになり、回数が多くなると周囲からも心配されてしまうことがあります。

周囲から声をかけてもらうことで、恥ずかしさから眠気が飛んでしまうこともありますが、それで眠気が治まればよいでしょう。

立ち仕事での仕事中の眠気は何かのきっかけでおさまることも多いです。

座ったままの仕事と違い、立ち仕事の場合は眠ってしまうと倒れてしまいますから、そういった点で完全に寝てしまうようなことはありません。

立ち仕事でも完全に寝てしまうくらいの眠気であれば、業務がしっかりこなせないくらい脳が働いていないことも多いので、その日は仕事を休むくらいの覚悟も必要になってくるでしょう。

仕事中に眠気があるけど立ち仕事で寝ない方法とは?

立ち仕事でも忙しい時期や仕事中変わりの人がいないような時は、無理にでも眠気を我慢して仕事を続けなければいけないことがあります。

ですからこういった時は寝ない方法を考えていく必要があります。

眠気を覚ますためにカフェイン入りのドリンクを飲むのも効果がありますが、カフェインの過剰摂取は良くないので程々にしましょう。

そして立ち仕事の場合、寝ないようにするにはわざとヒールの高い靴を履いたり、痛い靴を履いて痛みで眠気に耐えるという方法もあります。

足が痛くなると立ち仕事はきついですが、痛みで眠気がなくなるということもあるので、酷い眠気を感じる時は痛みをあえて利用するようにもしましょう。

そして難しい問題や悩みを考えるようにするというのも良いです。

立ち仕事でも他人と頻繁に話せる環境であれば、会話をすることで眠気をなくすということもできますが、私語に厳しい職場であれば、自分の脳内を忙しく働かせて眠気を改善すると良いです。

この記事の続きを読む

次のページ>>  仕事中に眠気がある場合、どんな生活改善が適切なの?

 - 睡眠の症状