welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

寝不足の頭痛にロキソニンは効果的なの?

      2016/02/09

寝不足の頭痛にロキソニンは効果的なの?

寝不足で頭が痛い、忙しい時には結構よくあることですよね。

そんな時の応急処置として鎮痛剤のロキソニンをオススメします。

ロキソニンの効果や鎮痛剤についてご紹介します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

寝不足で頭痛が。ロキソニンで解決出来ますか?

ロキソニンは鎮痛薬の一つでロキソプロフェンナトリウムという成分が含まれています。

風邪や生理痛、歯痛などにもよく効くことで知られていて、もちろん頭痛止めとしても有効です。

他の痛み止めに比べて効果が高いことと、即効性が高くてすぐに効果が現れることから有名な薬ですね。

また薬を飲んだ時にありがちな胃痛などの副作用も少ないことから人気の薬となっています。

以前は医者の処方箋が必要な薬でしたが、2011年からは市販薬としても流用され始めたので今まで以上に手に入りやすくなりました。

寝不足による頭痛は偏頭痛の一種なので、鎮痛剤であるロキソニンも効果的です。

基本的には30分ほどで薬が効いてくるのですぐに痛みを止めたい時にはピッタリです。

また効き目は6時間ほどなので2回服用する時には6時間ほどあけてから飲むようにしましょう。

ロキソニンは副作用の少ない薬ではありますが、睡眠不足で疲れていることも考えて胃に負担を与えないように食後に服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

寝不足で頭痛がするときロキソニン以外でどんな薬が効果がある?

寝不足で頭痛がする、でも大切な用事があって今すぐに痛みを解決しなければならない、そんな時には市販薬に頼るしかないですよね。

そんな時にはどんな薬を飲むのが効果的なのでしょうか。

ロキソニンは鎮痛薬として有名ですのでそれも効果的です。

そしてその他にも鎮痛剤として有名なバファリンやイブA錠が有効です。

それぞれ頭痛や生理痛、風邪の時などに使える薬ですので一家に一つ置いておくといいですね。

バファリンにはアスピリンが含まれていてプロスタグランジンという体内の痛みを知らせてくれる成分の分泌を抑えます。

それによって頭痛などの痛みを伝えなくすることで痛みを抑えてくれます。

イブA錠にはイブプロフェンという成分が入っています。

これは非ステロイド系の消炎鎮痛剤の一つで消炎作用を持っています。

薬の中でも胃への負担が少ないので副作用が少ないのが特徴です。

どちらも食後の服用が基本となっています。

寝不足ですぐに休みが取れない時にはこれらの薬を使ってみましょう。

ロキソニンは一番寝不足で頭痛の時に効果のある?

ロキソニンは以前から鎮痛剤として医療用に広く使われていた薬です。

2011年に市販されるようになってからは一般的になりました。

生理痛や頭痛などから歯痛などの強い痛みまで効果があることから重宝される薬の一つです。

また2015年には新しく「ロキソニンSプラス」という商品が販売されました。

それには酸化マグネシウムが入っています。

酸化マグネシウムは胃酸を中和させてくれる役割を果たしているので、以前よりも胃に優しい薬になりました。

ロキソニンの主成分はロキソプロフェンナトリウムといって強い鎮痛効果を発揮してくれます。

非ステロイド消炎鎮痛剤の中では比較的胃への負担が少なくてすむのが嬉しいポイントです。

バファリンやイブなどの他の鎮痛剤でも寝不足の頭痛には効果的ですが、ロキソニンは強い痛みにもよく効いて、効果が現れる時間も少ないので最もオススメです。

新しい「ロキソニンSプラス」になってからは一段と胃への負担が少ないのも魅力的です。

この記事の続きを読む

次のページ>>  寝不足で頭痛になるのはなぜ?

 - 薬剤