welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

腰痛でシップの場所はどこに貼ればいいの!?

      2016/02/09

腰痛でシップの場所はどこに貼ればいいの!?

腰痛でよく使われるのはシップですよね。

でも実はシップを貼る場所が重要だということはご存知でしょうか?

今回は、腰痛でシップを貼る場所やポイント・コツなどについて調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

腰痛の時にシップを貼る場所の注意点とは?

腰痛がひどい場合、整形外科に診てもらうことが出来ますが、まずは応急処置として自分でシップを貼ることが多いですよね。

シップは痛みの軽減に有効な方法ですが、残念ながら貼る場所を間違えると意味がありませんので、有効なシップの貼り方についてお伝えしたいと思います。

痛みのある患部に冷シップを貼ることが一般的です。

基本的にはこの貼り方で良いのですが、その際に痛みがある患部が真ん中に来るようにしてシップを貼るようにしましょう。

ちゃんと中央に来ることを意識するだけで、より早く痛みや炎症を緩和することができます。

ぎっくり腰といった急性の腰痛についても上記のやり方に沿ってシップを貼っていきましょう。

しかし、痛みが強く動けなかったり、自分では背面にシップを貼りづらかったりする場合は、ご家族などに助けてもらってください。

その際、痛みのある患部が分かるように、指し示してあげると、そこを真ん中にしてシップを貼りやすくなります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

腰痛でシップを貼る場所は?-急性の場合-

腰痛の際、痛みのある患部を中心にシップを直接貼るのが良いと前述しましたが、他にも工夫すべきところがあります。

ぎっくり腰などの急性な腰痛の場合は、いきなりシップを貼るのではなく、まずビニール袋に入れた氷などで10分ほど冷やして痛みを抑えてください。

また、シップを貼る前には、その部分の汗や水気はしっかり拭き取って、よく乾かしておくことが大切です。

そこで先ほどまでお伝えしてきたとおり、痛みが一番ひどいところを中心にしてシップを貼ります。

その際はゆっくり前かがみになり、腰を折り曲げた状態で貼るのがポイントです。

痛みを感じる部分の周りも炎症を起こしているので、シップは切り取ったりせずに、出来るだけそのままの大きさで使うのが良いでしょう。

しかし敏感肌でシップが大きすぎて刺激が強いと感じる方の場合は、シップをいくつかに切り分けてから、間隔を空けて貼りましょう。

また、貼りっぱなしにせず、こまめにシップを貼りかえるようにした方が、肌への負担は軽くなります。

また、今はローションタイプのシップ薬というのも出ています。

敏感肌でどうしても肌が荒れる、痛みを感じる部分が広すぎて何枚貼ったらいいか分からないという方にはこちらがお勧めです。

可能であれば誰かに、優しくマッサージするように塗りこんでもらうと、より効果が高まります。

腰痛でシップを貼る場所は?-慢性の場合-

急性な腰痛ではなく、慢性の腰痛の場合は、効果的なシップの貼り方が少し違います。

痛みを感じる部分に直接貼っても間違いではないのですが、そうではなく患部から指4本分上部に貼ると、よりシップの効果が出ます。

少し不思議な気もしますが、何故ずらしたところに貼るのでしょうか。

慢性的な腰痛の場合は、背骨から出ている神経が何らかの理由で圧迫されて痛みが出ているというケースが多いので、元の炎症を抑えてしまおうという発想です。

指4本ほど上に、背骨から神経が出ているところがある、というわけなのです。

また、慢性的な腰痛の場合は、温めることで痛みを和らげることができます。

先ほど背骨から出ている神経が圧迫されることが痛みの原因といいましたが、温めることで血行を良くし、筋肉の緊張が緩むので、痛みが楽になります。

逆に慢性的な腰痛持ちの方にとって、冷えは大敵です。

夏でも腹巻きなどを活用して、腰回りは出来るだけ温めるようにしましょう!

この記事の続きを読む

次のページ>>  腰痛でシップを貼る場合のポイントやコツとは?

 - 腰の症状