welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

会社のストレスで休むときに診断書は必要なの!?

      2016/02/09

会社のストレスで休むときに診断書は必要なの!?

ストレスにより会社を休む場合は診断書が必用です。

何故必要なのか、診断書の貰い方 、ストレスによる病気の説明しています。

さらにストレスと会社は関係あるのかと貰い忘れた場合の対処法を記載しています。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

ストレス?調子が悪い。会社を休むには診断書が必要?

ストレスで調子が悪い時に会社を休む場合は診断書が必要です。

そもそもストレスが理由で会社を休むことが可能かというと、それは会社の就業規則により異なるという事になってしまいます。

近年においては大手なら柔軟な休職制度があって医師の診断書がなくてもストレスを理由に会社を休職することが可能な場合があります。

ですが怪我などとは異なり心の病気は目に見えないのでストレスが理由で会社を休む場合には診断書が必要な会社の方が多いと言えます。

その人がどれくらいのストレスを抱えているかは他人では判断することは出来ません。

なので客観的な証拠として診断書が重要な意味を持ってくるのです。

会社はストレスやうつ病といった病気に関しては性人を認めたがらない傾向があるので会社に有無を言わせない方法として医者の診断書は役に立ちます。

酷い場合はストレスは仮病と思われ評価を下げる結果になる事もありますし下手したら解雇の原因にもなるので診断書は必ず提出して下さい。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

会社でのストレスが原因で病院へ。診断書のもらい方

基本的に診断書というのは病名と病気の症状、さらには治療をするのに必要な期間などを証明する為のモノです。

だから会社でのストレスが原因で病院に行った場合はストレスというだけで診断書を書いてくれる病院はほぼないと言えます。

それは現代社会においてはストレスを感じていない人なんて存在しないからです。

だからストレスが原因で何らかの症状が出ていて会社に行けないことを証明する必要があります。

だからストレスによる不眠によって睡眠薬を処方してもらっているのなら不眠症として診断書を書いてもらうことが出来ます。

不眠ではくとも会社を休む程のストレスを感じている場合は何か心身症が出ている筈なのです。

だからカウンセリングをしてみたり、心療内科に訪れて自分の症状を相談して診断書を書いてもらうといいでしょう。

ストレスによりうつ病、強迫性障害といった病気を発症している場合は診断書を書いてもらえばほぼ間違いなく休職を取ることが可能だと言えます。

会社で診断書が必要?ストレスから来る病気

ストレスで会社を休む場合にはほぼ間違いなく診断書が必用となります。

ストレスによる病気というのは徐々に認められるようになってきましたが、年代が上がるにつれまだまだ胡散臭い病気、やる気がないだけといった認識があるからです。

ですが慢性的にストレスを感じていると最初はイライラや不安、緊張状態といったメンタルヘルス面での疾患であったのが悪化すると身体面に症状が出てくるケースが一般的です。

ストレスによってホルモンバランスが乱れてしまうので様々な病状を引き起こします。

その一例が不眠や摂食障害、うつ病、強迫性障害、十二指腸潰瘍、円形脱毛症、、偏頭痛や目眩を起こす自律神経失調症、精神的な要因で発作を引き起こすパニック障害などを挙げることが出来ます。

ここまでくるとストレスを発散すれば改善されるといったモノではなくれっきとした病気なのでカウンセリングや薬による治療が必要となってきますし、短期間病院に通えばいいといったものではなく病気の改善にはかなりの時間を要します。

この記事の続きを読む

次のページ>>  ストレスと会社関係ある?

 - 病院の疑問