welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

栄養ドリンクの効果や効く時間はどれくらいなの?

      2016/02/09

栄養ドリンクの効果や効く時間はどれくらいなの?

仕事などで疲れがたまったりしたときに、元気を出すために栄養ドリンクを飲む方も多いと思います。

では、この栄養ドリンクの効果が出始めるのはどれくらい時間がかかるのでしょうか。

今回みていきたいと思います。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

栄養ドリンクの効果が出始めるのは何時間経って?

みなさん、栄養ドリンクは、なんだか元気が出ないときや疲れがたまっているとき、疲れているけれど予定があって何かをしなくてはならず、元気を出したいときなどによく飲むと思います。

では、栄養ドリンクの効果が出始めるのには、それらを飲んでからいったいどれくらい時間がかかるのでしょうか。

これは栄養ドリンクの種類にもよるのですが、一般的に栄養ドリンク類を飲んでから、効果が出るまでは30分〜1時間程度かかるというふうに言われています。

飲んですぐに効果がでてくるというわけではないのですね。

ですから、ここぞというときに飲もうと思う場合には、効果を期待したいとき、頑張らなくてはいけないときから逆算して、栄養ドリンクを前もって飲んでおく必要があるということです。

効果が出るまでには30分〜1時間程度かかるわけですから、最低でも30分前までには、時間に余裕があればだいたい1時間ほど前までには飲んでおくことが望ましいといえそうです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

栄養ドリンクの効果が続くのは何時間?

さて、では次に、飲んだ栄養ドリンクの効果はどのくらいの時間つづくのでしょうか。

これも飲む栄養ドリンクの種類によっても違うのですが、だいたい栄養ドリンクの効果が続くのは約3~6時間くらいだといわれています。

なぜ3時間程度も効果が続く時間に差があるのかというと、飲む栄養ドリンクに含まれている「カフェイン」や「アルコール」などの含有量が、種類によってちがうからです。

また、飲む人の年齢や、体重、背の高さなどによっても若干違ってくることもあるようです。

栄養ドリンクではありませんが、たとえば風邪薬などをのむときでも「小さな子供」は少な目に、「大人」になるにつれて多く飲むことが多いですよね。

大人でも、小さな人や老人などは薬が効きすぎることもあるため加減して飲まなくてはいけないこともあります。

それと同じで、より効果を長い時間効かせたければ、自分に合った分量で自分にとって効果が高いものを選ぶようにしたいものです。

栄養ドリンクの効果が切れた。何時間後に飲んでいい?

では、せっかく飲んだ栄養ドリンクの効果が切れてしまった場合をみていきましょう。

上記でも説明しましたが、一般的に栄養ドリンクの効果が出るまでには30分〜1時間程度かかります。

そして、飲む栄養ドリンクの種類によっても違いますが、だいたい栄養ドリンクの効果が続くのは約3~6時間くらいだといわれています。

ですから、このことを考えると、飲んでから効果が落ちてくるのは7時間程度後ということになりますから、それ以降だと飲んでもよいことに計算上はなるかと思います。

ただ、注意が必要なことがあります。

それは、人によってその栄養ドリンクがあう、あわないなどがあることがあります。

また、その栄養ドリンクによって期待する効果がでやすい、でにくいなどもその人の体質などによって違ってくるということです。

たとえば、アルコールに弱い人が一日に何本か続けて飲んでしまうと支障が出ることもあります。

カフェインに弱い人がたくさん飲んでしまうと体調不良になることもあるので要注意です。

この記事の続きを読む

次のページ>>  栄養ドリンクの効果。具体的には

 - 薬剤