welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

デスクワークで腰痛の症状が辛い!最適なクッションとは?

      2016/03/10

デスクワークで腰痛の症状が辛い!最適なクッションとは?

デスクワークを長時間しているとどうしても悩まされるのが腰痛。

実は、クッションを使うことで腰痛を和らげる事ができます。

今回は、腰痛対策のクッションや腰痛にならない座り方などを調べてみました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

デスクワークでの腰痛対策にはクッションが最適!?

デスクワークを長時間していて、腰痛に悩まされている方は多いと思います。

オフィスでは既に備品の椅子が置かれていることが大半です。

それに自分の椅子を取り替えたいといっても、費用もかかりますし、あまり現実的ではありません。

そこで、少しでも腰痛を改善するために、クッションを工夫してみるのはいかがでしょうか。

クッションを置くことで、座っているときの腰の負担は軽くなりますし、正しい姿勢をキープするのを助けてくれるので腰痛の予防や解消にもつながります。

現在は、一口にクッションといってもドーナツ型、低反発素材、骨盤矯正用、背もたれ専用、そしてなんとマッサージ機能付きなど、バラエティのある商品が登場しています。

お勧めなのは背中・腰・ヒップにフィットして背骨をしっかり支えてくれる、8の字型クッションです。

赤、青にピンクなどお好みの色をチョイスすれば、仕事中の気分も上がりそうですね。

また、長時間座ることでお尻が痛くなってしまうという方には、お尻全体を包み込むような形の少し固めのクッションを選ぶと良いでしょう。

腰もあわせてカバーしてくれるので、腰痛の改善も期待できます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

デスクワークで腰痛を和らげるクッションとは?

しかし、クッションだけでは腰痛が一向に改善されない、という場合には、やはり椅子を替えるのが良いかもしれません。

費用はかかりますが、デスクワークの効率アップが期待できるので、椅子に投資する価値はあると思います。

腰痛の治療器具として開発された椅子も登場しています。

座面は木材や、革張り、布張などがあり、好きなものから選べます。

この椅子は、座る人が常に正しい姿勢でいられるようにサポートしてくれます。

高さの調節方法も、ネジ式とガス式があるので、こちらもお好みで選択できます。

また長時間楽に座りたい、という方にお勧めなのが、座り心地のゆったりとした椅子です。

特徴的なのは、座面は木材でしっかりと体を支え、背面はクッション地でリラックスして座れるところです。

座面はゆるやかに曲がっており、骨盤を引き締める効果もあります。

他にも人間工学に基づいた、私たちに優しい工夫をされた椅子が続々と出てきており、注目を集めています。

デスクワークで腰痛に悩まされないクッションはこれ!

ここまで腰痛対策として、クッションや椅子をご紹介してきました。

しかし、オフィスにいる時間と同様、寝ている時間も無視できません。

あまり頻繁に買い替えるものではないので、意外と見過ごしがちかもしれませんが、ベッドのマットレス選びは非常に重要です。

単純に腰痛対策用に作られているマットレスを選べばいいかというと、そうではありません。

マットレスは自分の体に合っているかどうか、しっかりと見極める必要があります。

では自分の体に合うかどうかなんて寝てみなければわからない、とおっしゃるかもしれません。

実際その通りです。

絶対このマットレスがいいという想いがない方は、マットレスを選ぶときは、お試し期間があるものを選ぶようにすると、自分に合っているか確認することができます。

高反発マットレス「モットン」は腰痛の方にお勧めのマットレスですが、3か月間お試しをすることが可能です。

もしその期間で、合わないと感じた場合は返品のうえ返金されます。

送料も無料なので、気軽に試すことができますね。

この記事の続きを読む

次のページ>>  デスクワークで腰痛になってしまう原因は姿勢?

 - 腰の症状