welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

高熱で子供の手足熱い場合の対処法

   

高熱で子供の手足熱い場合の対処法

子供の高熱は親ならば心配でしょうが、こういう時こそ落ち着いて症状を見極めましょう。

手足が熱いか、冷たいかでも対処法は変わってきます。

手足熱いときには、どのようにすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

子供の手足が熱い上高熱です

子供が高熱を出してしまった場合、最初は手足が冷たいですが、やがて熱くなってきます。

手足熱いときは熱が全体に回ってしまっているのではないかと心配になってしまう人もいるでしょうが、基本的に高熱でも手足が熱いときは「熱はすでに上がりきってしまった」と考えていいでしょう。

高熱でも手足が熱くなると、盛んに汗をかくようになってくるのもポイントです。

これは子供の体が一生懸命に体温を下げようとしているために起きていることなのです。

つまり、すでに病状は峠を越え、回復プロセスに入ったと考えていいわけです。

高熱なので完全に回復するまでにはある程度の時間がかかりそうですが、子供によっては高熱にもかかわらず元気そうに見えることも珍しくない時期です。

少なくとも手足が冷たい時期に比べれば元気そうに見えますし、実際にそれだけ体力が回復してきているということでもあるのです。

あとはどうやって体温が下がるようにサポートしていくかが重要になってきます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

子供の手足が熱く高熱の場合何をしてあげたらいいいい?

上にも書きましたように、子供が高熱でも手足熱いときは、もうこれ以上熱が上がることはありません。

従って、いかにして熱を下げるかが重要になってくるのです。

手足が冷たいときには、しっかりと布団をかぶっておくことが必要でしたが、手足が熱くなったらむしろ熱を下げるために布団は薄めにした方がいいでしょう。

解熱剤を使うとしたらこのタイミングです。

また、上にも書きましたが、この時期には盛んに汗をかくようになります。

このため、下着がビショビショになってしまいますので、こまめに替えるようにしてください。

盛んに汗をかくということは、多くの水分が体から失われているということでもあります。

そのままでは脱水症状を起こしてしまう可能性がありますので、こまめに水分を与えるようにしてください。

高熱で食欲が落ちているケースでは消耗してしまうことも考えられますので、水分補給には子供用のスポーツドリンクなどを使い、しっかりとエネルギーを補給してあげましょう。

子供の手足が熱く高熱も出ていますがまだまだ熱はあがる?

子供が高熱でも、手足熱いときにはすでに回復プロセスに入っているというのは、上で説明した通りです。

つまり、これ以上熱が上がることはないということになります。

上で「解熱剤を使うならこのタイミングで」と書いたのはこのためです。

まだ熱が上がっている手足の冷たい状態のときに解熱剤を投与すると、上がるはずの熱を無理矢理押さえつけていることになりますので、後述する免疫機能が十分に働かなくなってしまい、かえって治癒が遅れてしまいます。

しかし、すでに熱が下がるだけとなっている手足が熱い状態の場合は、解熱剤は熱を下げるサポートをしてくれますので、治癒を早めてくれることになるのです。

まだ高熱ですので治るまでに時間がかかりますし、親として心配なのは十分に理解できますが、もうこれ以上熱は上がらないのだと安心して、子供の体力をしっかりと回復させることに専念しましょう。

上に書きましたように着替えを頻繁にさせてあげなければなりませんし、水分補給もこまめに行わなければなりませんので、親としてやるべきことはたくさんあるのですから。

この記事の続きを読む

次のページ>>  手足の熱さと高熱の関係

 - 子供の症状