welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

高熱で子供の手足冷たい場合の対処法

   

高熱で子供の手足冷たい場合の対処法

子供が高熱を出してしまったとき、親として心配してしまうのは仕方がないですが、こういうときこそ落ち着いてください。

手足冷たいですか、熱いですか。

もし手足が冷たいならばどうすればいいか説明していきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

子供の手足が冷たく高熱でうなされています

子供は比較的体温が高いので、高熱を出してしまうことは決して珍しくありません。

もちろん、大したことはないと放置してしまうのはダメですが、だからといって必要以上に心配することもありません。

まずは落ち着いて子供の手足を触ってみましょう。

高熱が出てからあまり時間がたっていないときには、手足冷たいというケースがあります。

こういうときは「全身が熱くなってないからまだ大したことはないな」と早合点してしまう人もいるかもしれませんが、実は大きな間違いです。

高熱にもかかわらず手足が冷たいときは、まだ病状が回復期に入っていません。

これからさらに状況が悪化する可能性があるということなのです。

ここでいかに的確なケアを行うかによって、子供の回復具合が大きく変わってくるのです。

回復期に入っていないということは、まだこれから熱が上がる可能性があるということなのですから、親にとってはある意味一番気を付けていなければならない時期といえるでしょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

子供の手足が冷たく高熱の場合何をしてあげたらいい?

子供が高熱を出しているのに手足冷たいときは、子供が寒気を感じていることが多いでしょう。

寒いと感じているならば、まずはしっかりと温めてあげましょう。

毛布や布団でしっかりと体をくるんであげたり、寝相が悪くてうまくいかなかったりする場合には厚着をさせるのもいいかもしれません。

とにかく、この時期にはしっかりと全身を温めてあげるようにすることが大切なのです。

後述しますが、熱が高いからといって冷やしたり解熱剤を使用したりするなど、体温を下げるようにするのは禁物です。

体温がさらに上がっても構いませんので、まずはしっかりと温めてあげましょう。

さらに、高熱のときに気を付けなければならないのは脱水症状です。

これによって回復に影響が出てしまうことがあるからです。

子供は回復期に入っていませんので食欲がないかもしれませんが、水分はしっかりと与えるようにすべきでしょう。

高熱が出ているということはエネルギーの消費も大きいですから、子供用のスポーツドリンクを与えるなどしてエネルギーの補充もしっかりと行うとベターです。

子供の手足が冷たく高熱を出していますがまだ熱はあがる?

高熱にもかかわらず、子供の手足冷たいときは、まだ回復期に入っていないというのは上に書いた通りです。

つまり、今後も熱がさらに上がる可能性があるということになります。

そのことを理解しておけば、今後熱が上がっても落ち着いて対処できますので、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

今後熱が上がったときに、いつになったら回復してくれるのかと心配になってくるでしょうし、子供がしんどいので解熱剤を使いたくなることもあるでしょうが、手足が冷たい時期に解熱剤を与えるのは禁物です。

高熱のときには、やがて手足が熱くなってくる時期があります。

そのときこそ回復期に入ったということで、それ以上熱が上がることはないというサインなのです。

子供がしんどいのは見ていてしんどいでしょうが、40度台など極度の高熱にならない限りは、熱は上がるままにしておいた方がいいのです。

熱を下げることを考えるよりも、いかにして効率的に水分を与えていくかを考えるべきでしょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  手足の冷たさと高熱の関係

 - 子供の症状