welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

食後に腹痛と軟便の症状がある原因について

      2016/03/15

食後に腹痛と軟便の症状がある原因について

食後の腹痛や軟便に悩まされている人が増えています。

このような食後の腹痛や軟便の原因は何なのでしょうか。

そして、その対策についても述べていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

食後に腹痛があり軟便の症状がありませんか?

食事を食べた後は必ずと言っていいほどきりきりとした腹痛に見舞われしまう、毎日下痢に悩まされている、このような症状に苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

また、これ以外にも頻繁にお腹にガスがたまってしまいお腹が張って苦しい、げっぷがよく出る、鈍いお腹の痛みが続いているという症状もあるかもしれません。

このような胃腸のトラブルに関しては近年症状が非常に増加している症例になります。

このような胃腸のトラブルが増加している原因としてはストレスが関係しています。

現代社会は非常に忙しくストレスがたまりやすい環境になっています。

そのため、ストレスがたまった場合にそれを最も敏感に感じ取って不調になりやすい胃腸についての不調を訴える症状が増えていることにつながっています。

また、このような胃腸の不調に関しては単に一過性のものではなく、慢性的に続いている場合には何か重大な病気が潜んでいる可能性があります。

そのため、一度病院で検査をすることをお勧めします。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

食後に腹痛と軟便の症状がある場合、考えられる病気とは?

食後に腹痛および軟便の症状がみられる場合には胃腸の病気にかかっている可能性があります。

可能性が考えられる病気としてまず挙げることができるのは「過敏性腸症候群」になります。

この過敏性腸症候群という病気では腹痛や軟便の症状以外にもお腹にガスがたまって張りがあったり、おならがたくさん出るといったような症状を覚えることもあります。

この過敏性腸症候群は現代病として注目されており、非常に多くの人がこの過敏性腸症候群の症状に悩んでいることが分かっています。

このような過敏性腸症候群の原因となっている大きな要因としてはストレスと腸内環境の悪化があります。

過敏性腸症候群の症状は自律神経失調症や心身症などストレスが原因となって発生する精神疾患の症状の一つの症状としてもよくみられるものになります。

また、腸内においてビフィズス菌といったような善玉菌が減り、悪玉菌が増加することによって腸内環境が著しく悪化した場合にも過敏性腸症候群は引き起こされます。

食後に腹痛と軟便の症状を抑える食べ方とは?

過敏性腸症候群の治療法の一つとして食事の食べ方を改善する方法を挙げることができます。

食事の食べ方を改善する方法の考え方としては食後に腹痛や軟便が引き起こされないようにするための食事の食べ方の改善と自律神経失調症の症状を改善するための食事の食べ方の改善の2つの考え方があります。

まず、食後に腹痛や軟便が発生しないようにするための食べ方の考え方としては過敏性腸症候群を引き起こす可能性がある食材の摂取を極力避けるということがあります。

例えば、牛乳や冷たい飲み物を摂取を控えるということが挙げられます。

また、豆類、キャベツ、それ以外の腸内で発酵を起こしやすい食材に関しても極力摂取することを避けるようにするのが無難です。

また、スナック菓子や甘いもの、肉類や脂質の取りすぎなども腸内において悪玉菌を増殖させてしまう原因となるため、極力摂取することを避けた方がよいものになります。

また、自律神経失調症の症状を和らげる食材としてはビタミンCやカルシウムがあります。

このような栄養素についても積極的に摂取するようにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  食後に軟便にならない食べ物とは?

 - お腹の症状