welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

食後に吐き気と頭痛があると原因は?

   

食後に吐き気と頭痛があると原因は?

食後に発生する吐き気と頭痛に悩まされている人はいませんか?

大丈夫だと放置していても病気は治るものではありません。

原因をしっかりと究明し、それに合った対処を行うようにしましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

食後に吐き気と頭痛がしますが原因はある?

食後に決まって、吐き気と頭痛がするということであれば、一番最初に疑われるのは低血糖です。

低血糖は血液の中にあるはずの糖分が低下してしまう病気のことを言います。

低血糖になってしまうと、常にイライラしたり、無気力になったりというような症状が現れることもあるため注意しておかなければなりません。

食後に頭痛が発生するのは、低血糖の状態で食事をとると、血糖値が一気に上昇するためです。

血糖値が急激に上昇すると、脳の中でアドレナリンなどのホルモンが過剰なほど分泌されることになり、血液が頭に集まることになります。

食後に頭がぼーっとして眠くなるのと同じ状態です。

脳に大量の血液が集まると、脳は血流を機能させるために大量のブドウ糖を排出します。

しかしブドウ糖は血管を収縮させる作用もあるため、その結果、頭痛が発生してしまうのです。

そして、このように神経が急激に活発化することによって、副交感神経が影響されてしまい、吐き気も伴うようになってしまいます。

これが、食後の吐き気と頭痛の正体です。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

食後の吐き気と頭痛を抑える方法はある?

食後の吐き気と頭痛を発生するのは低血糖が原因である可能性が高いです。

そのため、低血糖を改善することによって、食後の吐き気と頭痛を抑えることができるようになります。

そもそも低血糖になってしまうのは、過度なダイエットが原因であることが多いです。

ダイエットをしていない人でも、一日に一回しか食事をしないというような場合は、それが原因になっていることがあります。

そのため、食後の吐き気や頭痛を抑えるためには、しっかりと食事を取るということが大切になってきます。

一日三食、決まった時間に食事を取るようにして、一日に必要な糖分もしっかり摂取するということを心がけておきましょう。

また、別の病気が原因で低血糖が起きている場合もあります。

拒食症の人が食事を取れないことが原因の場合や、糖尿病の人がインスリンを投与されたことが原因の場合などです。

このような人の場合は、根本的な原因を解決しなければ食後の吐き気と頭痛はなくならないので、その治療を行うことで改善していきましょう。

頭痛と吐き気が食後以外にもおきたら

食後にも食後以外にも頭痛と吐き気が起きるということであれば、低血糖以外の原因が疑われます。

まず一番最初に疑われるのは偏頭痛です。

食事をとることにより、セロトニンが体内で分泌され、それが頭痛の原因となっていることがあります。

なぜかは解明されていませんが、食事をとることにより、そのような反応が起きるリズムが出来上がってしまうことがあるのです。

このような場合、食後に毎回、頭痛と吐き気を感じるようになってしまいます。

偏頭痛は食後以外にも症状が現れます。

人によって変わりますが、寝起きにいつも偏頭痛がするという人も多いため、頭痛持ちだという人は、低血糖が原因ではない可能性があるのです。

まずは、偏頭痛の治療を行いましょう。

偏頭痛が原因であれば良いのですが、他の重大な病気が原因である可能性も否定できません。

脳腫瘍やくも膜下出血などの場合も、定期的に頭痛が発生しますので、注意が必要です。

このような病気は手遅れになると命に関わってきます。

不安であれば、とりあえず病院で診てみてもらいましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  頭痛と吐き気は関係なく見えるけれど

 - 頭の症状