welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

食後に下痢!ノロ・ウイルスが原因なの!?

   

食後に下痢!ノロ・ウイルスが原因なの!?

食後に下痢になったとき、「もしかしてノロ?」という考えが頭をかすめるかもしれませんね。

ノロとはノロウイルスのことで、最近よく名前を聞くようになってきました。

食後の下痢について、ノロの可能性も含めて、どう考えたらいいのかを見て行きましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

食後に下痢!ノロウイルスとはどんなウイルスなの?

ノロウイルスに感染すると、1~2日の潜伏期間ののち、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの症状が出て来ます。

多くの場合、熱はないか、微熱程度です。

これらの症状は数日から長くても1週間程度で治ります。

また、ノロウイルスに感染しても症状が出ないか、あるいは軽い風邪のような症状で終わることもあります。

症状の現れ方としては突然の嘔吐で始まることが多いです。

下痢は嘔吐が始まってからのこともあれば、嘔吐が始まる数日前から見られることもあり、下痢症状の出るタイミングは様々です。

症状の中で体力を消耗するのが嘔吐で、3~7時間程度、嘔吐を繰り返しますが、その後は次第に落ち着きます。

ノロウイルスの感染は、1年を通して発生していますが、11月頃から発生数が増え、12月から1月にかけてが発生のピークになります。

感染経路はほとんどが経口感染によるものですが、家庭や共同生活施設などで、人と人とが直接接触する場合に飛沫感染する経路もあります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

食後に下痢をしたら、ノロウイルスの可能性がある?

ノロウイルス感染では、多くは吐き気や嘔吐から症状が始まりますが、一部には下痢が始まってから嘔吐が出る場合があるのも本当です。

そう聞くと、食後に下痢をしたらノロウイルスかも?と心配になるかもしれませんね。

それではノロウイルスに感染しているかどうかを知るにはどうしたらよいのでしょうか?

ノロウイルス感染の診断のために、医療機関ではノロウイルス診断キットを利用しているところもあります。

綿棒で患者の糞便もしくは直腸内の便を採って検体にし、15~20分で陽性陰性の判定が出ます。

この検査は簡易検査のため、結果が速く出るという利点はありますが、一方で感染していても陽性にならない場合があるという欠点があります。

また、保険の適応があるのが一部の人に限られています(3歳未満の人、65歳以上の人、悪性腫瘍のある人、特定の薬物投与をしている人、臓器移植を行った人)。

これに該当しない人が行う場合は自費診療となり、検査には8000~15000円程度必要になります。

多くの医療機関では、持病の無い健康な人には診断キットは使わずに、症状と流行状況を考え合わせてノロウイルス感染の診断をしています。

ノロウイルスに有効な抗ウイルス薬はなく、また数日程度で自然に症状が治まるため、診断キットの重要性は低いと考えられているためです。

食後に下痢をしても、ノロウイルスが原因じゃない場合は何が考えられますか?

食後に下痢をしたときの原因は、ノロウイルスばかりではありません。

下痢を起こす原因となるウイルスは、ノロウイルスのほかにも、ロタウイルス、サポウイルス、アストロウイルス、腸管アデノウイルス、パレコウイルスなどが知られています。

またウイルスではなく細菌に汚染した食品も下痢の原因となります。

原因菌となるのは、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、病原性大腸菌、ボツリヌス菌、ウェルシュ菌などです。

同様に、寄生虫による下痢もあります。

食べ物が原因で食後に下痢をすることもあります。

カレーやキムチのように香辛料がよく効いているものや。

不溶性食物繊維を多く含む食品は、腸を刺激して下痢を起こします。

アルコールの摂取、また乳糖分解酵素を持たない人での牛乳の摂取は、腸での水分を増やすことになり下痢になります。

またアレルギーのある食品を食べたときには、身体が速く食品を体外へ出そうする結果、下痢になります。

これら以外に、単に暴飲暴食で下痢になることもあります。

そのほか、抗生物質などの薬が原因となる下痢や、過敏性腸症候群という病気が原因の下痢もあります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  ノロウイルスが原因の下痢で気をつけるポイントは?

 - 菌・ウィルスの症状