welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

風邪の点滴はどれくらい時間が掛かるの?

   

風邪の点滴はどれくらい時間が掛かるの?

風邪の時に受ける点滴。

ポタポタと落ちる点滴の滴は一体どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

体調が悪い中で受けるからこそ、当の本人ではわかる気力も失っているので中なかわからない実に興味深い結果となりました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

風邪をひいた時に点滴でかかった時間は?

風邪を引いた際に使用する点滴の平均時間は、30分で設定されています。

30分というのもしっかりと意味があります。

点滴の滴をポタポタと早く落としてしまうと、体に痺れが起きてしまうということもがあります。

本来人間の体は口から栄養ある食べ物を吸収して体内へとエネルギーを蓄えていきます。

つまり、ゆっくりと時間を変えて口から全身に栄養分を行きとどかせようとする体の構造であります。

その点、点滴では、口からではなく直接血管に栄養分を注入して体に必要な栄養分を補給します。

補給している水分のカロリーは200kcalと言われており、お茶碗1杯のご飯の量と変わらないほどです。

年齢が重なっていくともちろん栄養を吸収する時間が早くなってしまうと体への負担が強くなってしまいますので、時間を見ながら看護師の方々が調整をしながら点滴の操作を行っています。

ポタポタとゆっくり落とすのには、しっかりとした理由があってのことと理解しておくことが重要です。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

風邪をひいた時に点滴を打つとだいぶ時間がかかる?

風邪を引いた時に関して点滴時間は長くなるかというと場合によって異なります。

軽度の風であり、脱水症状が理由で点滴を使用することになった場合は、30分ほどの点滴時間となります。

しかし、体調を著しく崩している場合には抗生物質をする必要がある判断される場合があります。

その抗生物質が使用された点滴というのは、1時間ほどの点滴時間となる場合があります。

抗生物質を含んでいる点滴は、ゆっくりと体へ注入しなければ副作用として吐き気や、体の痺れを感じるなどの症状が出てくる場合があります。

本来は、血管から栄養分を直接入れるという構造ではない人間の体において、栄養分が血管から急に多量に入ることが原因と言えます。

そのため、抗生物質などの殺菌能力の高いお薬を使用する場合には、体への負担を考慮するために時間をあえてかけることで、患者様のへの体の負担を配慮している方法となります。

症状によって時間が異なるというのが正しい理由となります。

風邪をひいた時の点滴で時間がない場合は打たない方がいい?

風邪を引いた時には、できれば点滴を打たずに自然治癒で治る半家であれば点滴を打たないほうが良いと言えるでしょう。

点滴を使用すると必ずお薬というのは、副作用があります。

そのリスクは低いものでリスクはありますのでそう言った点において処方箋で治ると判断できる場合、点滴が風邪の治療方法におけるファーストチョイスにはなりえない方法と言えます。

体の状態に応じて、脱水症状により体の水分が著しく低下していることや、水分を補給することが困難な場合には、血管から直接栄養分や抗生物質を注入します。

また、抗生物質を使用してない点滴においては、水分補給がメインになるため、特段お薬を使用しているというわけではありません。

しかし、点滴をした後に元気になるという場合があります。

それは、患者自身の気持ちの持ちようというものに影響を与えています。

点滴をするということにおいて、

心理的に治療を受けたという安心感を受けることやこれで症状が良くなるという

精神的に前向きな気持ちになれることが治療を進める上で重要であることから、

症状の改善が見込まれるということがあります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  点滴をうち終わる時間って?

 - 病院の疑問