welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

風邪で腹痛!?下痢のときの対処法とは?

   

風邪で腹痛!?下痢のときの対処法とは?

風邪でも普通に発熱や喉が痛くなるだけでなく、腹痛や下痢が発生する場合があります。

このような腹痛や下痢が発生した場合の対策はどうすればいいのか。

本文ではそれについて述べています。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

風邪をひいて腹痛があり下痢になる原因は?

風邪をひいて腹痛と下痢の症状が出た場合には「胃腸かぜ」を疑うのが自然な流れになります。

実際、病院などを受診してもこのような診断を下される可能性が高くなります。

このような胃腸風邪の種類には2つあります。

それが「ウイルス」に感染したことによって発生する「ウイルス性胃腸炎」、もうひとつが「細菌」に感染したことにより発生する「細菌性胃腸炎」になります。

ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスにはロタウイルスやノロウイルスがあります。

ロタウイルスに関しては主に乳幼児がかかるウイルスになり、非常に感染力が高いものになります。

また、成人がウイルス性胃腸炎になる場合にはノロウイルスが原因となるケースが多くみられます。

このノロウイルスに関してはメディアなどでも頻繁にその名前を取り上げられるのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

また、細菌性胃腸炎に関していわゆる「食中毒」が原因になるもので、サルモネラ菌やカンピロバクター菌などの菌がその原因となります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

風邪で腹痛があり下痢になったときの治療法は?

風邪で腹痛があって下痢になった場合にはただひたすら体内に入ったウイルスや菌が体外に排出されるのを待つことになります。

また、菌で感染するカンピロバクター菌による胃腸風邪などの場合であればマクロライド系という系統に分類される抗生物質が効果を発揮するケースが多いのでそのような抗生物質が処方されるケースが多くなります。

しかし、ノロウイルスなどのウイルスに関しては抗生物質は効果を発揮しません。

そのため、基本的には下痢などの症状によって、体内に入ったウイルスが体外に排出されるのを待つという体の自然治癒力を生かした治療を行う方法をとるしかありません。

また、抗生物質などは強力であるため、その副作用によって胃腸が荒れてしまいそれが結果としてまた腹痛を引き起こすという可能性も指摘されています。

したがって、抗生物質が処方される場合には胃腸薬と共に処方されるというケースが多くなっています。

しかし、基本としては下痢で菌やウイルスが排出されるのを待つという治療法が原則となります。

風邪で腹痛と下痢になった場合に注意するポイントは?

風邪で腹痛と下痢になった場合にはまず病院を受診するようにしましょう。

そして、病院で胃腸風邪と診断された場合には1つ注意しなければならないポイントがあります。

それがこの胃腸風邪というものは自分を感染源として他の人に感染する可能性が高いということです。

したがって、会社や学校などに関しては胃腸風邪の症状が落ち着くまではお休みする必要があります。

また、家庭においてはトイレが複数ある場合には自分が使うトイレは自分専用にして家族とは分ける、自分が使うタオルは家族とは別にするといったような対策を取って他の家族に移さないようにします。

また、手洗いやうがいは徹底するようにしましょう。

とくにトイレなどで自然に二次感染をしてしまう可能性が高いのでうがいに関しては特に意識して行うようにしましょう。

加えて注意するのはいくら下痢がひどいからと言って下痢止めを使うのはご法度ということです。

下痢は体内からウイルスや病原菌を排出しようとしている体の働きによってもたらされています。

したがって、この下痢を止めてしまうといつまでも体内に病原菌やウイルスが残り続けることになります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  風邪で腹痛と下痢にならないための予防法は?

 - お腹の症状