welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

風邪で点滴をすると料金はいくらくらい?

   

風邪で点滴をすると料金はいくらくらい?

風邪を引いて食欲がない時に打つ点滴。

食べ物が喉を通らない時の栄養補給で大切ですよね。

そんな治療で用いられる誰もが知る点滴の効果と料金の知られざる違いをご紹介。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

風邪をひいた時にに点滴をした場合料金はいくら?

風邪を引いた際にかかる点滴代金は平均1000円から3000円ほどです。

なぜ、平均という呼び方をして料金に幅がるのかというと風邪にも症状が人によって異なりますし、風邪ウイルスによって使用する抗生物質ものことなるからです。

基本的に病院から処方されるお薬や治療においては今は、「点数」を採用しています。

よくお薬を処方してもらった時に、何点という点数を見かけることがあると思います。

その点は、1点を10円として換算しております。

そのため、治療にかかった費用は、その点数を見れば素人の方でもその金額を理解することができます。

もちろん、保険に加入していると3割負担をしてくれます。

点滴においても保険が適用されます。

それは、国民保険であれ健康保険であり保険を適用することができます。

風邪を引いた際には、症状によってブドウ糖を使用したり、

抗生物質を使用したり生理食塩水を使用するなど体に不足している栄養分を直接血管に注入して行うち両方であり、

1000円から3000円がお薬や診療代の総合的平均値です。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

風邪の症状でも使う点滴によって料金は変わる?

風邪によって、高熱であったり食欲がなく喉から食べ物を通過することができないなど今かかっている症状によって状態は異なります。

そのため、今体に必要な栄養分をまずは診察していきます。

診察の結果、生理食塩水を入れたり、ブドウ糖を入れたり、抗生物質を入れたりするなど医師の判断に従って体の中へと送り込まれていきます。

そのため、治療に使用する薬や診察料金、処方箋代、初診代などを換算されていきます。

また、風邪では抗生物質を使用することはありません。

しかし、風邪をこじらせることで肺炎を発症したり扁桃腺が腫れるなどの症状が出ているということになれば抗生物質を使用することとなります。

なので、一概に風邪にかかったからといって点滴の料金は毎回一定の金額であるということはありません。

以上のようなことが作用することで風邪の症状によって点滴の金額が異なっているというメカニズムになっております。

使用する薬が変われば薬代が変わるので費用も変わるというのは至極当然のことと思います。

風邪で点滴を打たなかった場合料金は安く済む?

また、風邪を引いた時によく進められるのが、点滴もしくは風邪薬です。

金額的にはどちらが安くなるのかという金額重視で見た時には、これといってさほど金額の差はありません。

病院で点滴を使用しなかった場合は、治療に対してい処方箋を出してくれので、その金額を治療費用と考えた時には、約2000円が相場です。

診察料が1000円で、薬の処方箋金額が1000円の合わせて2000円です。

風邪の症状により吐き気止めや、解熱剤や場合によっては抗生物質を処方する医師もいます。

しかし、点滴を使用した場合は、点滴の中にブドウ糖やビタミン剤や栄養剤を入れることが多いため、

体力の回復というものに必要な薬剤を注入しています。

どちらも入れるものや使用するものがお異なりますが。

どちらもさほど金額の違いはありません。

特に点滴は食べ物が喉を通らないといった食事療法に問題がある場合、

特に進められる治療方法ですどちらも良い方法ですし、

金額の差も大きくないので医師の勧める方法を利用するといいでしょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  点滴の料金は?

 - 病院の疑問