welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

顔に発疹!突然できた原因は?治療法は?

   

顔に発疹!突然できた原因は?治療法は?

突然、顔に発疹ができて困った経験はありませんか?

顔の発疹は、どうしても目立ちますよね。

発疹ができてしまった場合の対処や予防についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

顔に突然発疹ができましたが原因は?

発疹には、いくつもの種類があり、発疹ができる原因もそれぞれ異なります。

たとえばニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まって起こるため、脂肪分の多い食事や、ファンデーションなどの洗い残し等が原因となります。

また、ヘルペスのような伝染性ウイルスによる発疹の場合は、ウイルスに感染している人の発疹に触れたり、タオルを共用するなど、人や物を通しての接触で感染します。

アレルギー性の発疹では、アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)への接触等が原因となります。

アレルゲンとして考えられるものには、植物、動物、食品など多くの原因物質がありますが、皮膚科のクリニック等へ行くとアレルギー検査を受けることができます。

検査を受けて「何がアレルゲンか」を知ることで、今後の予防に役立てられるようになりますね。

これらの他にも、疲労、睡眠不足、ストレス、病気などによる体力低下も、発疹の原因となります。

これを機会に、あなたの生活の中に潜む、発疹リスクをチェックしてみませんか?

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

顔に突然発疹ができた!そんな時はどうしたらいい?

「ニキビが1つできた」という程度であれば、特に何もしなくても、そのまま放置で大丈夫な場合がほとんどではないでしょうか。

ですが、「この発疹は何だろう?今までこんな発疹できたことないよ」など、気になったり不安を感じる場合は、皮膚科の入っている病院やクリニックの受診をお勧めします。

皮膚科を受診するときに、気をつけておきたいポイントがあります。

皮膚科では患部の皮膚の状態を診るので、顔に発疹ができた場合はメイクアップをしない状態で診てもらうのがベストなのです。

患部へのメイクアップによる刺激や、感染の危険を避けるためにも、メイクアップは控えましょう。

どうしてもノーメイクに抵抗がある場合は、メイクアップをしてもOKですが、患部にはファンデーション等の化粧品を塗らないようにしましょう。

もし、受診するまでの間に何か使った薬等があれば、診察の時に伝えてください。

お薬手帳があれば持っていくことをオススメします。

顔に突然発疹ができた時にしない方がいいこと?

顔に発疹ができると、どうしても目立つので気になりますよね。

それで、ついつい手で掻いたり、潰してしまったりすることはありませんか?ついやってしまいがちな行動ですが、決して掻いたり潰したりしてはいけません。

例えば、小さい子どもによくみられる水イボですが、水イボは伝染性の発疹です。

顔にできた水イボを手で掻いたとします。

その手で足を触ると、足にも水イボが伝染します。

このようにして全身に水イボが広がってしまうのです。

また、すべての発疹に共通しているのは、掻いたり潰したりすると、その傷口から細菌が入り感染するおそれがあることです。

細菌に感染すると、痒みが出たり、膿の水ぶくれができたり、その水ぶくれが破れて皮膚がただれることもあります。

掻いたり潰したりしてしまうと、発疹が治った後でもなお、傷跡が瘢痕として残ってしまうおそれがあります。

顔の皮膚がただれてしまったり、顔に瘢痕が残るのは避けたいですよね。

発疹ができても掻いたり潰したりせず、適切な治療を受けて、あなたの健康な肌を取り戻しましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  顔にできる発疹で多いのは?

 - 皮膚の症状