welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

銀歯の虫歯が痛い!原因や対策について

      2016/02/26

銀歯の虫歯が痛い!原因や対策について

誰しも虫歯で歯医者さんに行くのは嫌いではないでしょうか。

それでも、以前詰めていた銀歯が痛いような気がすると時には、

早めに歯医者さんに言っておいた方が後々治療が長引かずに安心です。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

銀歯の虫歯は痛い?

虫歯でも、銀歯の詰め物をしている段階と銀歯で歯の全体をかぶせている段階がありますね。

どちらにしても、何か硬いものを噛んだ時や、冷たい物や熱い物を飲み物を飲んだ時に歯に滲みるという時には要注意です。

銀歯の詰め物をしている時の段階なら、放置していると、銀歯の中が虫歯だった時には、詰め物が自然に食事の時にとれてしまったりします。

これは、虫歯が大きくなって、詰め物が外れてしまったという時です。

その詰め物を持って歯医者さんに行くとそれを使って詰め物を治してくれることもあります。

新しい物を詰めることもあります。

銀歯で覆った歯が痛いという時には、中々外からではわかりにくいのですが、自分で指をはじいて爪を当ててその歯を刺激すると鈍く痛い時もあります。

どちらにしても、歯医者さんでレントゲンを撮ってもらうと、虫歯かどうかわかります。

虫歯の場合には、放置しておいても治らないのでできれば、早め歯医者さんに行く方が虫歯が大きくならないので、歯を削る範囲も小さくて済むでしょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

銀歯以外でも虫歯が痛いのはなぜ?

虫歯になると、初期の虫歯だと自分では、全く何も感じていないのに、歯医者さんがみると、小さい虫歯がありましたということがあります。

小さな穴のような虫歯のこともあります。

検診で見てもらっていて、触診でわかることもあります。

もう少し大きくなると、歯の表面の硬いエナメル室に穴が開き、熱い飲み物や冷たい飲み物が滲みてくるようになるので、自分でも痛いということに気が付きます。

これは、銀歯以外でも起きることです。

また、レモンや酢などの酸性の物を食べてすぐに歯磨きをすると、歯の質が軟化してそこへ、研磨剤の入った歯磨粉で歯をしっかり磨くと、歯を削ってしまうということがあります。

これらも、虫歯を進めることになります。

酸性の食品だけではなくて、食事後30分ぐらいは、お茶や唾液で口の中のPh(ペーハー)が落ち着いてから歯磨きをする方が良いでしょう。

虫歯が痛いのは歯にも神経が通っていて、滲みるという感覚が脳に伝わるようになっているのです。

銀歯の虫歯が痛むきっかけ

銀歯の虫歯が痛むきっかけは、フランスパンなどや硬いお肉を食べた時などが、異変に気付くきっかけになることが多いです。

銀歯は、奥歯に施されていることが多いので、噛み締めてみて何だか痛いような感じがする時は、虫歯の可能性があります。

銀歯は、詰め物で大丈夫な大きさの時には、詰め物をします。

しかし、虫歯が残ったまま詰め物をしてもらっていたり、きれいに虫歯は取ったけれども、年数と共に、隙間から虫歯になったりすることがあります。

詰め物も10年ぐらいしたら、虫歯になっていたということもよくあることです。

虫歯になると、硬いものを噛んだりした時だけでなく、冷たい物が歯に滲みたり、逆に熱い物が歯に滲みたりということがあります。

また、怖いのは、銀歯にしていて、その中で虫歯が化膿して、歯茎から小さな穴が開いて膿が出ようとしていたり、実際に膿が出たりということがあります。

この場合には、上顎の虫歯なら頬骨辺りが打撲したような痛みが出たりということもあります。

鼻腔の方へ膿が広がったりということもあるのです。

こうなると、銀歯を外して抗菌薬を使って消毒してと中々長い治療になります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  銀歯になるのは虫歯が原因?

 - 口・歯の症状