welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

銀歯の中の虫歯の症状や治療方法は?

   

銀歯の中の虫歯の症状や治療方法は?

虫歯の治療が終わったからといって安心していませんか。

大半の虫歯患者は銀歯の中の虫歯、つまり再発により治療を受けているのです。

また同じ場所に虫歯ができる可能性は十分にありますよ、あなた大丈夫でしょうか。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

銀歯の中の虫歯の治療方法は?

銀歯の中の虫歯の治療は銀歯を外した状態で行います。

被せ物の上からでは治療ができませんし、レントゲン撮影だけで正確に内部の状態を知ることは不可能です。

内部の確認が済んだら次は虫歯を除去してもらいます。

銀歯の中の虫歯は治療を受けた時点で進行しているケースが多いので、軽度の処置ではなく虫歯部分を削ることになるはずです。

手遅れの時は抜歯をします。

虫歯部分を削った後は土台と呼ばれている金属の柱を埋め込んで補強。

次に新しく被せる銀歯の型を取り、痛み止めの薬を受け取ったらその日はそこで終了です。

銀歯ができるまで仮歯を着けてくれるのですが、次の治療日まで日が浅い場合や医師の判断によっては何も着けずに済むこともあります。

後日、完成した銀歯を装着して高さや噛み合わせをチェックし、歯にピッタリ合うように微調整したら虫歯の治療は終了です。

場合によっては親知らずの抜歯や歯石のクリーニングを進められることもありますよ。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

銀歯の中の虫歯はどうしてできる?

歯と銀歯の間に隙間や境目ができる事で、そこから虫歯菌が侵入して再発するというケースが大半です。

隙間ができる原因の1つは銀歯が酸化して錆びてしまうこと。

口の中の環境はアルカリ性や酸性などその都度異なり、冷たい物・熱い物を摂ることでも変化します。

銀は金やセラミック等と違い、こういった環境の変化に弱いため限度を超えるとダメージを受けて錆びてしまうのです。

また、接着材として使ったセメントが少しずつ剥がれることも原因の1つ。

ピッタリ合う銀歯が完成しても噛むという行為を毎日続けていると負荷が掛かってしまいますし、歯茎が後退したせいで隙間ができることもあります。

頭を抱えたくなるような話ですが、以前の治療で虫歯を取り残したため銀歯の中で虫歯菌が繁殖したという可能性も。

特殊なケースと思うかもしれませんが、こういったことも少なからず起こっています。

勿論、単純に磨き残しが原因で歯垢が溜まり虫歯になったとも考えられますよ。

銀歯の中の虫歯ができないようにするには?

銀歯の中の虫歯を予防するために大切なことは毎日の歯磨きです。

過去に虫歯ができたということは、あなたの口内環境が虫歯の繁殖に適しているという証拠。

いつもと同じ歯磨きでは不十分と言えますよ。

歯磨きは毎食後ごと行うのが鉄則です。

銀歯の部分は歯垢が溜まりやすいので磨き残しに注意すること。

歯ブラシだけでは全体の6割程度の歯垢しか除去できないのでデンタルフロスも使ってください。

歯磨き粉は虫歯を防ぐフッ素入りの物がおすすめです。

洗口剤もありますよ。

仕事や学校・外出中のため歯磨きが難しいという場合は、キシリトールガムで代用しても構いません。

また、定期検診を受けて銀歯の状態を確認しておくことも大切です。

通院は3~4か月に1度でOK。

銀歯と歯の間に隙間や境目がないか、歯の磨き残しもチェックしてもらいましょう。

固くなった歯石を綺麗にクリーニングすることもできますし、正しい歯の磨き方も教えてくれますよ。

虫歯ができにくい環境を作って予防に励みましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  銀歯の中の虫歯を治療中注意すべきことは

 - 口・歯の症状