welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

血便の下痢!病院に行ったほうがいいの?

   

血便の下痢!病院に行ったほうがいいの?

下痢が続いて血便になるととても焦りますよね。

では一体いつ病院に行ったらよいのでしょうか。

気になる病気の話も挙げていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

下痢のような血便が出た場合すぐに病院に行かないといけない?

腹痛が収まらず下痢が続いたときに、血便になって焦ることもあると思います。

なぜ下痢になって血便になったかはその時点ではわかりません。

しかしながら、血便は大切な病気なサインとなります。

主に疑われる病気はウイルス性の胃腸炎か、大腸がんなどの病気です。

定期的に健康診断などで便の検査をしているのは、大腸がんの予防の場合が多いです。

がんの場合、病気の進行具合は人によって変わりますので早いに越したことはありませんが、ウイルス性の胃腸炎の場合は、ウイルスの種類にもよりますがウイルスに耐久がない身体の状態のご老人子供などは、万延しやすく死に至ることもあります。

近くのかかりつけの胃腸科や内科でも対応はしてもらえますが、紹介状などを書いてもらって血便が出たときは便の検査がすぐにできるような総合病院に行くのが、望ましいです。

素早い病気に対しての対応で、適切な処置をすることになるか入院することになる場合もあります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

下痢のような血便が出た場合病院に行ったらどんなことをされる?

血便で総合病院に行くと、まず診察の後便の検査などをすることになります。

また血液検査をして他に病気がないか調べるのです。

ウイルス性の胃腸炎の場合は、ウイルスが外に出ていくことで症状が回復していくことになります。

ですので、下痢止めなどを処方されることはありません。

そのため自己判断は危険なこともあります。

あまりにも下痢をしていたことで脱水症状がひどい場合点滴をしたり、入院することで体力の回復を待って、病気の完治を待つことになります。

便の検査は血液検査は調べても、すぐには結果が出ないときがあります。

その場合は、下痢止めを飲まないでそのまま様子を見ることになります。

検査結果がわかったら、そのまま適切な治療を進めることになります。

ウイルス性胃腸炎ならそのまま抗生物質や整腸剤などを飲みながら様子をみて、大腸がんの疑いがあるのなら、カメラなどで腸の検査をすることになります。

大きな病気になることもあります。

下痢のよう血便が出たが病院に行かなかった場合どうなる?

下痢で血便が出ると言うことは、単純な下痢ではない病気かもしれないサインとしてとらえたほうが良いです。

素人の目線で血便が絶対に大丈夫ということは言い切れません。

なかなか下痢になって治らない人も病院にいって薬をもらうこともありますから、病気ととらえて適切な処置をしてもらったほうが安心です。

もしガンで進行してしまうのを見送っていたり、ウイルス性胃腸炎で下痢止めを使用していつまでもウイルスを腸内に停滞させていくことは避けたいです。

またいつかは自然に血便が停まるかもしれませんが、それは一時的に止まっているだけで、病気なら再度血便が出るようなことも考えられます。

病気は早期発見で適切な治療が、それ以上悪化させることがなく完治に向かいやすいです。

血便ということで言うのは恥ずかしいかもしれませんが、自分の身体を守るために、病院になるべく早くいって、病気に対して適切な指示を聞いて、薬などを飲んでいきましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  下痢と血便が関わる病気は?

 - お腹の症状