welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

膠原病で検査入院に!?期間について説明します!

      2016/02/09

膠原病で検査入院に!?期間について説明します!

「膠原病」とは、さまざまな病気の総称です。

これらは風邪などとも間違われやすいので注意が必要です。

今回は、膠原病の検査入院や期間についてみていきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

膠原病の検査入院をします。その期間

「膠原病」とはさまざまな病気の総称ですが、その病気とは「全身性エリテマトーデス」、「全身性硬化症」、「皮膚筋炎」、「関節リウマチ」、「リウマチ熱」、「結節性多発性動脈炎」などは、古典的膠原病と呼ばれ、最近では、「リウマチ性多発筋痛症」、「側頭動脈炎」、「多発性筋炎」、「シェーグレン症候群」、「混合性結合組織病」、「重複症候群」、「アレルギー性肉芽腫性血管炎」、「ウェゲナー肉芽腫症」なども含まれるようになりました。

これらの「膠原病」と呼ばれる疾患は、もしそれらの症状があまりにもひどいときには、「検査入院」などをしてじっくりと調べてもらうことが必要です。

ただ、ひとくちに「入院期間」といっても、病状などにはそれぞれの個人差もありますし、これくらいの期間だとははっきりとはいえません。

早い人で1週間前後で済む場合もありますが、病状がひどくいろいろと調べなくてはいけない人などは数か月かかる場合もあるようです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

膠原病の検査入院期間どんなことに注意する?

もし自分の症状が膠原病じゃないかと疑った場合には、まず「膠原病科」や「リウマチ科」などといった「専門の外来」がある病院を選ぶようにしましょう。

専門ではない場合には、それらの症状を

ただの風邪かなにかと勘違いしたりなどされて発見が遅れてしまうことにもなりかねないからです。

何事も「餅は餅屋」といいますが、専門の先生にみていただいたほうが良いことは確かです。

病気は、病状が進んでからでは対処しにくいようなものも多々あります。

何よりも「早期発見、早期治療」が重要ですから、きちんと専門の外来があるかどうかをしっかりと調べてから病院に行くことが重要といえそうです。

さて、それでは、専門の先生を探し、膠原病の検査入院期間どんなことに注意すればよいかですが、入院中には、他の患者さんにも接することになります。

とくに膠原病は、「免疫の働き」でおこるようなものが多いので、他の患者さんの病気の感染予防などに気を付ける必要があります。

膠原病の検査入院しますが。

結果が出るまでの期間は?

膠原病の検査入院とひとくちに言っても、患者さんひとりひとりで症状が違います。

さきほども説明したように、「全身性エリテマトーデス」、「全身性硬化症」、「皮膚筋炎」、「関節リウマチ」、「リウマチ熱」、「結節性多発性動脈炎」などの、「古典的膠原病」をはじめ、ほかにも、「リウマチ性多発筋痛症」、「側頭動脈炎」、「多発性筋炎」、「シェーグレン症候群」、「混合性結合組織病」、「重複症候群」、「アレルギー性肉芽腫性血管炎」、「ウェゲナー肉芽腫症」など実にさまざまな幅広い疾患があります。

同じ「膠原病」の疑いがあって検査入院する人が二人いたとして、それがどのようなものである疑いがあるかによっても、そもそもおこなわれる検査自体が個人個人違うことも考えられます。

検査の結果、さらに詳しく調べる必要も出てくる可能性がありますので、検査入院の期間は変わってきます。

結果が出るまでの期間はそれぞれなので、気になる場合はおおよその期間を主治医に確かめてみるとよいでしょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  膠原病かどうか検査入院は必ず必要?

 - 病院の疑問