welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

膀胱炎で病院に!費用はどれぐらい掛かるの!?

   

膀胱炎で病院に!費用はどれぐらい掛かるの!?

泌尿器に関わる膀胱炎は、男女問わずに気になる病気の一つです。

軽い炎症であれば病院での費用負担も少ない傾向があり、

早く治ることも多いのが特徴です。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

膀胱炎で病院にかかる費用はどのくらい?

膀胱炎でかかる費用は初診費を含めると3500円程度になると言われています。

このうちの3割負担で支払うことになるため、実質的には1200円前後で収まることが多いようです。

金額に差があるのは病院などによって検査に違いがあることや、診療方針にも違いがあるからです。

また、再診があった場合はさらに費用負担が増える形になります。

膀胱炎の場合で基本になるのが尿検査です。

尿の状態を見れば異状の原因がわかることも多く、後は問診と薬による処方によって治していくのが一般的です。

軽い炎症であれば一週間程度で治ることが多く、薬も一週間分で処方されます。

一週間様子を見て治らないようであれば、他の病気が隠れていないかなど複合的な検査に回される場合もあり、費用が高くなってしまうこともあります。

基本的に初診費などはそれほど高くならない傾向があるため、早めに病院に行って治すのが理想で、他の病気を予防にも大切なポイントになります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

病院のかかる科によって膀胱炎の治療費用は違う?

病院の科によって膀胱炎の治療費用が変わることはありえます。

これは、科によって担当する医師のさじ加減が違ってくるからです。

初診費用は変わらなくても、医師によって疑う症状や、中心となる検査方法、薬の処方機関が変わってきます。

医師も見ただけで膀胱炎とわかるわけではなく、他の病気なども疑って診察するのが通常です。

膀胱炎になりやすく、常連になっているなど、見知った医師でも無ければ様々な可能性を疑うのが基本になるからです。

当然、検査が増えればそれだけ治療費用も増える可能性があります。

ただし、他の病気を予防する意味や、早期発見できる可能性があるため、無益とは限らないのです。

そう言った意味では、ベテランで必要最低限の知用で済ませる医師ほど治療も安くなることになります。

経験で言えば、内科よりも泌尿器科の方が膀胱炎の症例を知っており、治療にも部があることになります。

ただし、あくまで一般的な原則であるため、自分が納得できる科で受診するのが一番です。

病院で膀胱炎と診断された場合治療費用の他にお金のかかるものはある?

膀胱炎と診断された場合にかかる費用は、基本的に検査費と薬代になります。

炎症の状態を確認するために最新のたびに尿検査を行う病院もあるため、そう言った病院は若干費用が掛かることになります。

その分、診察に手間をかけてくれるといことでもあるため、安心感を得たい人にはおすすめです。

薬代は長引けばそれだけ費用が加算されます。

また、ジェネリック薬品が適用できるかや、持病で使える薬に制限がある場合は更に治療費用が変動する可能性があります。

ただし、特別な器具などが必要になることは無く、薬の処方などで治る範囲の病気といえます。

むしろ、膀胱炎が原因で入院などを行うことは稀で、別の病気などを疑うような状況になってきます。

別の病気の合併症状として膀胱炎に似た症状が出ている可能性があるため、病院でしっかりと検査を受けることと、どんな症状なのか詳しく効いておくことが大切です。

あまりに直りが遅いなら、セカンドオピニオンで別な病院を受診する方法もあります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  病院の治療費用の補助などはある?

 - 病院の疑問