welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

膀胱炎で病院に行くといくらくらい掛かるの?

      2016/03/08

膀胱炎で病院に行くといくらくらい掛かるの?

膀胱炎は病院にかかってもいくらかかるというほどの費用ではありませんが、

場合によっては高くかかることもあるので、

その費用について見ていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

膀胱炎で病院にかかる場合いくらかかる?

膀胱炎で病院に行って診察をしてもらった場合、診療点数によってかかってくる金額は変わってきますが、目安としては保険が適用されて約3,000円位になります。

たいていは尿検査によって、尿に白血球が含まれていないかということや、赤血球が出たりしていないか、そしてバイ菌などの菌が混ざっていないかということを調べます。

また、この他にもエコーによる検査を行って腫瘍や結石ができていないかどうかの確認もします。

そしてこれらの検査の結果を見て医師から膀胱炎という診断をされ、抗生物質などの薬を処方されることになるのです。

この時に、この検査や薬の他に初診であれば初診料としてその分のお金もかかってくることになります。

よって、これらの合計が約1万円弱位の値段になるので、保険が適用されることによってその3割を負担すればいいということになり、約3,000円程度という計算になります。

しかしこれは参考という形になりますので、病院や症状によってはこれ以上の費用がかかってくる場合もあるため、病院に行く際はお金に余裕を持って行った方がいいと言えます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

膀胱炎で病院にかかる場合とかからない場合ではいくらくらい違う?

膀胱炎になった場合、病院にかかると保険の適用を受けて約3,000円程のお金がかかってきます。

また、これは保険が適用された場合なので、保険証がなく自費で診療するという場合は約10,000円程お金がかかってくることになります。

そしてたいていは1回の診察でその時に約一週間分の薬までもらえるので、その後は病院に行くとしても検査の結果を聞きに行く程度で、特別費用が発生することはありません。

ですから、膀胱炎を病院にかかって治すとしたら、約3,000円程で治すことができると言えます。

また、膀胱炎を病院にかからずに自分で治すとすると、やはり市販されている薬を購入して治すということが一番に考えられるため、その購入する薬の金額によってかかってくる費用は変わってきます。

そして、膀胱炎に効果があるとされている薬はいくつかありますが、その金額は平均としてだいたい2,000円位になります。

膀胱炎に効くとされる漢方薬などは4,000円近くするものもありますが、普通の薬であれば2,000円弱位の値段で売られているので、このあたりが相場だということができます。

膀胱炎の症状によって病院でいくらかかるか違う?

膀胱炎の疑いがあって病院で検査をしてもらう場合、たいていは医師からの問診を受けて、エコーの検査や尿検査をして薬を処方してもらうことで診察は終わりとなります。

ですから、膀胱炎と診断されるほとんどの人が約3,000円位の費用で済むということが言えますが、一度家に戻ってそれから処方された薬を約一週間程服用し続け、それでも完治しなかったり症状が悪化したりした場合は、もう一度検査をし、その結果によっては今まで飲んでいた薬ではなく他の薬に変えたり、更に詳しい検査を行ったりすることになるので、その分費用は高くなるということが言えます。

また、それから通院するとなるとその度にまたお金がかかってくるため、膀胱炎になった場合、一度の診察で完治しなかった時は結構な金額がかかってくるということになります。

そしてこの金額に関しては、症状の悪化具合やその病院による検査、また、処方してもらう薬によって変わってくるので一概にいくらということは言えませんが、通院が長くなれば長くなるほど費用がかさんでくることは確かなので、膀胱炎かもしれないと思った時は、迷わずに病院に行くことをおすすめします。

この記事の続きを読む

次のページ>>  膀胱炎で病院に行く時に注意したいこと

 - 内臓の症状