welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

腰痛の場合、椅子に座布団を敷いたほうがいい?

   

腰痛の場合、椅子に座布団を敷いたほうがいい?

腰痛の人が椅子に長時間座る場合、座布団を使う方法があります。

座布団は椅子に長時間座る負担を減らしてくれます。

デスクワークをしている人にもおすすめです。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

腰痛の場合椅子に座布団を敷くだけでも違う?

腰痛持ちの人の場合、長時間にわたって硬い椅子に座ってデスクワークをするというのはまさに拷問といってもいいほどの苦しみです。

このようなデスクワークでの座り作業によって発生する腰痛を緩和するためには座布団を椅子に敷くという対処方法があります。

このように椅子の上に座布団を強いてやるだけでも長時間のデスクワークでパソコンなどを見つめていたとしても疲労する度合いは格段に軽減される効果があります。

また、長時間にわたり座っていることが可能になるため、仕事に集中して取り組むことが出来るようになります。

まさに、座布団を自分のデスクの椅子の上に敷いてやるだけでもかなり仕事の効率は上がるといってもいいでしょう。

腰痛持ちの人であればすぐにでも導入することをおすすめしたいのが、この椅子に座布団を敷くという対処方法になります。

手軽に試すことが出来る方法でありながら、効果は抜群といった方法がこの座布団を椅子に敷くという方法になります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

腰痛の時椅子に座布団を敷く場合どうすれば緩和される?

腰痛防止のために椅子に座布団を敷く場合は椅子のサイズに合った座布団を選ぶようにしましょう。

小さいサイズの座布団でも不安定になりますし、大きなサイズの座布団も椅子から落っこちてしまったりして、逆に座っていて集中できなくなってしまいます。

座布団を選ぶ場合には事前にしっかりと自分が座っている椅子のサイズをチェックしてそれに合ったサイズの座布団を使用するようにしましょう。

また、単純に座布団に座る以外にも腰痛を予防するためには効果的な座り方というものもあります。

腰痛を予防するうえで効果的なのは、背もたれと背中の間に座布団を入れるという方法になります。

また、座布団を背もたれと背中の間に入れることに違和感があるのであれば、クッションを購入してそのようなクッションを背中と背もたれの間に挟むのでも問題がありません。

このように背もたれとの間の緩衝材のような形で座布団を使ってやることにより、腰痛を和らげてやることが出来ます。

腰痛対策で椅子に座布団を敷く際に周りに配慮したいことは?

腰痛で悩んでいる人の場合、家よりもどちらかというと仕事場で腰痛の症状が強い場合が多くなります。

したがって、腰痛対策の座布団は職場で導入したいところです。

しかし、腰痛対策で椅子に座布団を敷く場合、会社の風土によっては一人だけ違うことをすることを好まない風土の会社もあります。

そういった風土の会社であれば、腰痛対策で椅子に座布団を敷くというだけのことでも嫌な顔をされる可能性もあります。

そのような会社に勤めている場合には自分が腰痛であること、そして腰痛の対策のために座布団を使っているということを回りの人に周知しておく必要があります。

また、来客などが頻繁にあるようなオフィスであればなるべくこのような座布団が顧客に見えないようにする配慮も必要です。

加えて、仕事場で使うという場合には個人的な座布団であっても、派手な柄のものやキャラものといったオフィスにそぐわない雰囲気のものを使うことは避けるようにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  腰痛時の椅子で注意したいのは?

 - 腰の症状