welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

腰痛のコルセットは薬局で購入することができる?

   

腰痛のコルセットは薬局で購入することができる?

二足歩行である以上腰痛は避けられないとも言われます。

中には、緊急手術が必要な腰痛もあります。

コルセットは、腰痛の人の味方です。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

腰痛の場合コルセットをした方がいいですか?薬局に売っている?

腰痛のある人は、腰痛が悪化しないためにもコルセットをした方が良いでしょう。

それでも、その腰痛がひどくなったり、長引いたりしている時には、整形外科で診察を受けた方が安心です。

背骨のずれや圧迫骨折や明らかなヘルニアはレントゲンでもわかるでしょう。

しかし、中には総合病院なども大きな病院で施設設備が整っている病院に行かないと診断名もはっきりしないこともよくあります。

MRI画像診断を撮るとヘルニアがありますと言われることもあります。

また、整形で診察した後に、何かの拍子に状態が悪化したということもあります。

こうならないためにも、柔軟体操をしたり、腹筋、背筋を鍛える必要がありますが、これらは、いわゆる自分の体の部分のコルセットとなるものです。

それを補強するのが市販のコルセットです。

整形でも薬局でもコルセットは手に入ります。

しかし、高齢者などに多い圧迫骨折のためのコルセットのようながっちりしたものは、病院で作ってもらうと医療で保険も効くので安いです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

薬局で腰痛用のコルセットを買うには

薬局で腰痛用のコルセットを買うには、どういう腰痛なのかを先に、医療機関でも調べてもらってから、コルセットをしても良いのか聞いた方が良いです。

使っても良いとなると薬局で買っても差し支えないでしょう。

ただし、病院では、看護士さんがサイズを見てくれたりするのですが、薬局ではお店によって、店員さんの専門性が不明です。

作業療法士や理学療法士さんなどがいると安心ですが、たぶん薬剤師さんぐらいしか専門職はいません。

さらに、薬剤師さんでは、あまり専門的にはコルセットについてはわからないでしょう。

買ってみてサイズが合わないということもよくあります。

箱やケースを破らないように使用して、合わなければ返せるとよいのですが、肌に直接つける物なので返品できないと言われることろもあるかもしれません。

例えば、膝サポーターでもS、M、Lとあり使用のサイズが何センチと書いてあっても実際に使うと小さかったということもあります。

できれば福祉用具のお店で買う方がまだ専門的なスタッフがいるかも知れません。

コルセット以外の腰痛対策品を薬局で買う

コルセット以外の腰痛対策品を薬局で買うとなると、腰痛からくる坐骨神経痛の人におすすめなのが、夏でも温湿布です。

カイロのようなものでも腰に張るタイプがあります。

仙骨部分を温めることでずいぶん痛さが違ってきます。

痛めたばかりの腰痛では冷やした方が良いので冷シップもお勧めですが、シップ自体は病院でもらう方が安いです。

カイロは薬局でしか無いのでお勧めです。

痛みが少し消えます。

さらに鎖骨神経痛では、足を冷やすと痛いので、太ももまである締め付ける効果のあるサポートタイプの靴下がお勧めです。

夜にはいて寝ると快適です。

また、指圧の玉が二つ付いている○○式という腰の下に置いてその上に、数分寝るだけの指圧道具も腰の骨の矯正になり気持ちがいいです。

しかしこれは、痛い人はやめた方が良いでしょう。

気持ちがいいと感じるほぐれを感じる人には向いています。

入浴剤も腰痛にはお勧めです。

神経痛に効くものもありますし、入浴自体も腰痛持ちにはうれしいものですが、気分のリフレッシュにも大いに役立ちます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  腰痛にはコルセットがいい?

 - 腰の症状