welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

腰痛で椅子に座ると骨盤に影響がある?

   

腰痛で椅子に座ると骨盤に影響がある?

椅子に座って作業していただけなのに、腰痛にいきなり襲われたことのある方のいらっしゃると思います。

調べてもらったら、骨盤に異常が出ていたと言うこともあるでしょう。

何故座っているだけでそんな異常が出るのでしょうか、また解決法はあるのでしょうか。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

腰痛時に椅子に座ると骨盤に影響ある?

腰が痛い時に座ろうとしたらミシミシするような痛みを感じた、そして座ったはいいけれど痛くて座り続けられない。

そんな経験は無いでしょうか、そんな時には無理をして椅子に座るのは止めたほうが勿論よろしいです。

立っている時には脚にかなりの部分体重がかかりますが、座っている時には体重の殆どは骨盤と座骨にかかってきます。

腰に痛みがあると言うことは、何らかの異常が骨盤や仙骨にあるわけですので、その部分に体重がかかる椅子に座ると言う行為はお勧めできません。

特に腹筋や背筋が、腰痛のせいで弱っている場合は、直接骨盤に体重がかかりますので、余計に骨盤を歪めてしまう危険性もあるのです。

だからと言って立っているばかり、歩いているばかりではいられませんので、ここは脚にも体重を分散できる正座か胡坐か、少しでも楽になれる姿勢で座ってはいかがでしょうか。

椅子に座るのは、精査や胡坐に対しては、立っている場所からの移動は少ないのですが、どうしても骨盤への影響が大きいのは事実なのです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

椅子の座り方によって腰痛解消と骨盤矯正に?

電車の中などでよく見かけるのに、骨盤を前にずらしてウエスト辺りで座っている、そんな姿勢の人が散見されます。

これは腹筋背筋を弱めてしまい、後々腰痛の元になる姿勢です。

お心当たりのある方は、早急にこういった姿勢からの脱却を目指してください。

ではどういう姿勢での座り方が身体にいいのでしょうか、当たり前と言っては何ですが、骨盤を垂直に背骨を椅子の背に寄りかからずに座る。

これが椅子の座り方として、最も理想的な座り方でもあります。

骨盤を垂直に背骨をキープしようとすれば、腹筋と背筋が自動的に使われるわけです。

慣れないうちは、座っているのにやたら疲れる、と言う方は多いと思われます。

しかしこの座り方を当たり前のこととすれば、腹筋と背筋が強くなってきて緩んで歪んでしまった骨盤矯正にも、また筋肉の強化によって腰痛の緩和にもつながるのです。

椅子に座って腰痛になるか、椅子に座っているだけで筋肉強化で腰痛知らずになるか、決めるのはあなたです。

椅子の座り方が悪いと腰痛を悪化させ骨盤にも良くない?

前述しましたように、椅子の座り方によって筋肉は劣化します。

椅子の背に寄りかかって体重を自分の身体でキャッチしていない場合、筋肉はどんどん弱くなっていきます。

例えジムで運動をしたりしていたとしても、普段の生活のほうが時間的に長いのはお解りでしょう。

この普段の生活で、椅子に座っている時間と言うのは、意外と長いものなのです。

だらりと寄りかかって座っていると、骨盤は前傾していきます。

背中は椅子の背に預けていますので、腹筋と背筋は休めの態勢になっています。

腹筋と背筋が休んでいるのですから、骨盤周りの筋肉も同じくお休み中になります。

普段骨盤は正面を向いていますが、このだらけた姿勢だと筋肉も働いてくれませんので、骨盤は緩んで開いていきます。

緩んでしまった骨盤は、歪みやすくなるわけで、歪んだ骨格は身体全体の歪みを起こしていきます。

身体の中で一番普段の生活で使われる腰回り、全体が歪んで来ればここに異常が出てくるのは自明の理ですね。

そのままにしておくと勿論、悪化する一方になるのです。

この記事の続きを読む

次のページ>>  腰痛と骨盤の関係性

 - 腰の症状