welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

腰痛で左側だけしびれるのはなぜ?

   

腰痛で左側だけしびれるのはなぜ?

腰痛に悩む人はたくさんいます。

しかし、これに加えて身体の左側にしびれが出てきた場合、原因は何なのでしょうか。

今回の記事ではその原因について触れていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

腰痛もあり左側がしびれますがどうして?

腰痛で腰が痛いという症状であれば一般的な腰痛の症状であり、そこまで深刻な症状であると考える必要はありません。

しかし、腰痛があることに加えて左側がしびれるという症状が出てくることがあります。

この場合はただの腰痛ではなく、深刻な症状が隠れているケースがあります。

このように腰痛に加えて体の左側にしびれがあるという症状が意味しているのは腰の腰椎という部分を通っている神経が何らかの理由で圧迫されているということです。

このような腰椎の神経が圧迫される原因として考えられる症状は2つの症状があります。

まず一つ目は腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板という腰椎と腰椎の間のクッションの役割を果たしているものが外に飛び出してしまった状態です。

また、もう一つ考えられるのは腰椎分離・すべり症という症状になります。

これは普通はくっついている腰椎と腰椎の間が離れてしまったという症状になります。

これらの症状では腰痛と体のしびれが同時に発生することになります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

腰痛と左側のしびれがある場合病院にでは何科にかかる?

上記で述べてきたように、腰痛と左側のしびれがある場合には腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症といった症状の可能性が考えられます。

このような腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症といった症状が疑われる場合には、まず受診する必要があるのは整形外科になります。

また、このような腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症といった症状を確認するためにはMRIなどといった最新設備が整った病院で検査をしてもらうのがより確実になってきます。

したがって、このような腰痛・体のしびれといった症状を感じたときは大きめの総合病院などを受診してしっかりとした検査をしてもらうようにしましょう。

その後は専門医の指導に基づき、リハビリテーションなどを行っていくことになります。

また、あまりに腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症によって生じてしまった腰椎の分離状況などがひどい場合には手術という手段を用いて治療を行う場合もあります。

腰痛と左側のしびれがある場合家でできることは?

腰痛と左側のしびれがある場合、まずはこの腰痛がおさまってくるまでは家で安静にしていることが求められます。

しかし、ここで注意したいのは痛みが治まってきたら積極的に動くようにすることです。

痛みが治まってきても寝たきりで安静にしているとどんどん身体の機能が衰えてきてしまいます。

動くことが腰のリハビリにもつながりますので、中腰になるような腰に負荷をかける運動以外であれば積極的に動くようにしていきましょう。

加えて意識したいのは腰を冷やさないということです。

腰が冷えると血流が悪化してしまいます。

血流が悪化すると結果的に腰痛の症状につながってくる場合があります。

従って腰痛がある場合には腰を冷やさないようにするということはまず意識していくようにしましょう。

また、腰痛の症状を改善する場合にはストレッチを行うということも有効になります。

適度にストレッチを行うことにより、硬直してしまっている腰の筋肉をゆっくりと伸ばしてやることにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  どうして腰痛としびれが起きる?

 - 腰の症状