welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

背中の左側に痛みが!心臓が原因?背中の左側が痛い方へ

      2016/02/09

背中の左側に痛みが!心臓が原因?背中の左側が痛い方へ

背中の左側が痛むのですが

左側といえば心臓があるので何か不安。

ただの筋肉痛でしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

背中の痛みで特に左側が痛い原因は?

いたた…背中が痛い!ふとした拍子にそんな「背中の痛み」を経験した人も少なくないのでは?
一般的に背中の痛みは、寝違えたり筋肉痛によるものだったりとあまり深刻なイメージはないかもしれません。

しかし常に慢性的な痛みを持っている人は要注意。

特にいつも「右側が痛い」とか「背中の左側に痛みを感じる」ということなら、内臓系の病気になっている可能性もあるのです。

特に「左側の背中の痛み」は要注意。

人間の生命を司る「心臓」は左側に位置します。

30分以上続く長い痛みを「背中の左側」に感じるのであれば、心筋梗塞などの心臓の病気の可能性があるかもしれません。

またストレスによる胃腸炎はよく聞きますが、お腹の痛みだけでなく「背中の左側に痛みが出る場合」もあるのです。

細菌の感染などにより炎症が出てしまうこともある胃腸炎、キリキリとした痛みがお腹だけでなく背中の左側にも感じるようであれば、ちゃんと医師の診察を受けてみましょう。

背中の左側の痛みは、自分が思ってもみなかった病気が隠されていることもあるのです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

背中の痛みで左側が痛い時の解消法ってあるの?

先ほど述べた通り、背中の左側だけが痛む原因というのは内臓疾患が考えられます。

心筋梗塞や胃腸炎だけでなく、狭心症、胃がん、膵炎、十二指腸潰瘍などの病気も背中の左側に痛みが出やすいのが特徴です。

背中と内臓は密接に関係しあっているもの、症状が長引くようであれば医療機関に相談してみることが大切です。

しかし内臓系の病気ではなかった場合、日常生活によって背中に痛みが発症してしまっている事が考えられます。

たとえば普段から「正しい姿勢」をとれていますか?いつも左のひじをテーブルについてしまうクセがある場合、不自然な力が左側の背中にかかり、慢性的な痛みがでてしまうこともあります。

また背中とは関係がないと思われる「脚の組み方」。

これだっていつも同じ足を組むことにより背中のカーブが不自然に曲がってしまい、左側の背中に慢性的な痛みが生じてしまうこともあるのです。

そしてデスクワークなど同じ姿勢で長時間のお仕事。

これも背中に疲労がたまりやすくなり、同じ個所に痛みが出てしまうことがあります。

意識して同じ姿勢をとらない、簡単なストレッチをするなど、まずは手軽に出来る運動で痛みが解消できるか試してみましょう。

背中の痛みで左側が痛くならないための予防法はあるの?

内臓疾患や骨の異常による痛み。

これらは自分では痛みを予防したり対処したりすることはできません。

まずはそれ以外の「筋肉疲労が原因」で起こる背中の痛みについて予防法を考えていきましょう。

まずは「左側だけ痛む原因」というのを考えましょう。

常に左肩のほうに荷物を掛けている、左側に負担が掛かる姿勢をしているなど何かしら原因があるはずです。

背中には背骨を中心に左右対称に負荷がかからない状態がベスト。

まずは自分の生活習慣を見直して肩を回すなどのストレッチを取り入れていきたいですね。

そして「ぎっくり背中」というのをご存知ですか?これはぎっくり腰と同様に、突然激しい痛みが背中を襲う症状を言います。

動けないほどの痛みを感じたり、背中全体だったり左側だけだったりと症状は様々です。

ぎっくり背中の主な原因は老化や運動不足による筋肉量の低下。

くしゃみをしただけで動けなくなるほどの痛みを感じることもあります。

予防法としては「正しい姿勢を身につける」ことと「適度な運動を取り入れる」こと。

左側だけの痛みに限らず、背中の痛みを予防するには「良い姿勢」と「運動」が大切ですね。

この記事の続きを読む

次のページ>>  背中の左側の痛みに効果的なストレッチとは?

 - 背中の症状