welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃腸風邪で病院!薬を処方してもらった方がいいの?

   

胃腸風邪で病院!薬を処方してもらった方がいいの?

胃腸風邪になると、病院に行った方がいいのか迷いますよね。

では実際にはどんな薬が処方されるのでしょうか。

正しく飲んで早く治したいものですね。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃腸風邪になったら病院に薬を処方してもらった方がいい?

胃腸風邪になると不安ですよね。

何か重大な病気が隠れているか時には心配なこともありますが、良くお腹を壊す人はもともとお腹が弱いので、胃腸風邪になりやすい人が多いです。

病院には自分の今の症状にあった薬を処方してもらったほうが良いです。

しかし普段から調子が悪い人は、飲みなれている薬を飲んでもかまいません。

基本的には、薬を飲みながらお腹の調子を整えていく整腸剤タイプを飲むことをお勧めします。

長期間飲んでいくことで自分のお腹のペースを取り戻していくことが出来ます。

自己判断で飲んではいけないものは、下痢止めです。

なぜ胃腸風邪になっているかわからない今、下痢止めを飲むことは危険と思われます。

下痢をすることによって、自分の身体の中にあるダメなものを排出しているかもしれないのです。

単なる便秘の解消かもしれませんが、ウイルス性の胃腸炎にかかっている場合もありますので、その場合自己判断で下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスが体内に残ったままになってしまいます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

胃腸風邪で処方される薬をはどんなもの?

胃腸風邪で処方される薬は、整腸剤が多いです。

市販の薬でも買うことが出来ますが、病院で処方される薬の方がより効き目が大きいタイプのものが多いです。

もちろん医師の取り扱う薬は複数ありますので、様子を見ながら今飲んでいる薬の効きが悪いようなら、薬を変えていくことになります。

あまりにも症状が長く続いたり、最初から症状がひどい状況、血便が出るようなら少し大きな総合病院などで、便の検査をしてもらうといいです。

そこでウイルスにかかっているかのどうかの最終的な判断が下されます。

同時に血液検査を行うところもあります。

そこでも下痢止めは出されることはありません。

しかしながら、あまりにも痛い場合は痛み止めが処方されることがあります。

たとえウイルスにかかっていても、場合によっては抗生物質、整腸剤と痛み止めを服用しながら様子をみて、徐々に回復していくのを待ちます。

脱水症状がひどい場合は、点滴を行って水分を補給していきます。

ひどくても1週間から2週間あれば最初のひどい症状は落ち着いてきます。

胃腸風邪で処方された薬を飲み忘れたらどうしたらいい?

胃腸風邪で処方された薬を飲み忘れたら、1度は飛ばしてしまっても、3,4時間は感覚をあけて医師の1日の処方回数を守るようにしていきます。

整腸剤は今の時期必須ですので、必ず毎日忘れないように飲んだ方が良いです。

痛み止めは特に痛いときだけ飲めばよい時もあるので、あまり心配しなくても良いです。

一番忘れてはいけないのが、ウイルス性の胃腸風邪の場合の抗生物質です。

抗生物質はウイルスをやっつけるための薬なので、長い間処方されることはなく数日間で終わることが多いですが、必ず飲むようにしましょう。

抗生物質は強い場合が多く医師の管理が必要ですが、指示通り正しく飲むことが正しい効果に導いていきます。

胃腸風邪は予後がよくて、あっという間に治ってしまうパターンと、ダラダラと胃腸の調子が戻らなく長引くことがあります。

そんな時も整腸剤を飲みながら、長い間をみて胃腸の調子を整えていくことがあります。

医師の処方した薬を飲みながら様子を見ていくのが治療まで早い方法です。

この記事の続きを読む

次のページ>>  胃腸風邪は市販の薬では効かない?

 - お腹の症状