welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃腸風邪で嘔吐!処理はどうするのが最適なの?

   

胃腸風邪で嘔吐!処理はどうするのが最適なの?

胃腸風邪にかかって苦しむ症状に嘔吐があります。

胃腸風邪で嘔吐してしまった場合の嘔吐物は二次感染を防ぐためにもきちんと処理する必要があります。

ここではその適切な処理方法について述べていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃腸風邪で嘔吐しましたが、どう処理するのが適切?

胃腸風邪は胃腸にロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスといったようなウイルスやサルモネラ、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌といったような菌が侵入することにより発生します。

空気中を漂っているこれらの病原菌やウイルスが体内に取り込まれ、それが胃腸に入ってしまって引き起こされる場合とこれらの病原菌やウイルスに汚染している食べ物を摂取してしまったことにより感染するという主に2つの感染経路が考えられます。

これらのウイルスや病原菌に感染して、胃腸風邪になると嘔吐・下痢・発熱、場合によっては悪寒がするといったような症状に苦しむことになります。

このような症状は体の免疫機能が侵入してきたウイルスや病原菌と戦っている証拠になります。

ただ、このような胃腸風邪の症状が現れてきた時に注意したいのは嘔吐物の処理になります。

上記でも述べたように胃腸風邪の感染経路として空気中を漂っている病原菌やウイルスを体内に取り込んでしまうというケースがあります。

嘔吐物を処理する場合は出来る限りウイルスをまき散らさない形で処理をする必要があります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

胃腸風邪の嘔吐で、誤った処理というのはありますか?

胃腸風邪の患者の嘔吐物を処理する際に誤った処理というのは、一言でいうと空気中にこれらの胃腸風邪の原因となるウイルスをまき散らしてしまうことになるような処理のことを言います。

例えば、素手で直接胃腸風邪の患者の嘔吐物に触って処理するということがあります。

このような嘔吐物を直接手で触って処理をしてしまい、その後いくら手を洗ったとしても手にはたくさんの胃腸風邪のウイルスや病原菌が付着している状態になります。

そして、このような胃腸風邪のウイルスや病原菌がついた手であちこちを触ることにより、それらの病原菌がさまざまな個所に付着したり、空気中にまき散らされる結果になります。

また、嘔吐物の処理に手間を掛けたり、嘔吐物を処理した後にその袋の口をきちんと縛らなかったり、トイレや洗面所に流してしまうというのも誤った処理になります。

特にトイレや洗面所に流してしまうと、きちんと処理したつもりでもその流す際の水流で胃腸風邪の原因となるウイルスや病原菌が空気中に舞い上がって、そのまま浮遊し続けることになります。

このような処理は極力避けるようにしましょう。

胃腸風邪の嘔吐で、誤った処理をしたらどうなりますか?

胃腸風邪の患者が嘔吐した嘔吐物をきちんとした方法で処理しなかった場合には、胃腸風邪の原因となるウイルスや病原菌が空気中にばらまかれてしまうという結果になります。

よくニュースで「病原性大腸菌O-157の大流行」などというのが報道されるように、このような胃腸風邪の原因となるウイルスや病原菌というのは非常に高い感染力を秘めています。

したがって、このような胃腸風邪の原因となるウイルスや病原菌を空気中にばらまいてしまった場合、家庭内であれば一緒に生活している家族も胃腸風邪の症状に苦しむようになってしまったり、老人ホームや学校といったような老人や子供という成人よりも免疫機能が弱い人たちが集団生活を送っている施設であればそれこそ入居者や子供の間で胃腸風邪の大流行を引き起こしてしまう可能性があります。

胃腸風邪の恐ろしさはその症状のつらさだけではなく、2次感染にもあります。

したがって、2次感染をきちんと避けるような処理を行っていくように心がけましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  胃腸風邪の嘔吐物で気をつける点はありますか?

 - 嘔吐の症状