welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃腸炎の食事で飲み物に関する事をまとめました

   

胃腸炎の時の食事の注意点は?

食事と飲み物の摂取方法としては、規則正しく一日三食を同じ間隔をあけて摂り、夜10時以降は水も飲まないという徹底さが重要です。

水を飲んでしまうだけでも、胃腸はしっかりと反応してしまい、本来は休ませるべき時間帯に弱っているにも関わらず働かせてしまうのです。

まずは正常な胃腸の働きに戻ってくれなくては、苦労して正しく摂取した食物繊維もカロリ-も、上手く消化してくれなくない原因になってしまいます。

せめて一週間は胃腸炎と判明してからすぐに食事改善をすべきなので、どうしても我慢しなくてはならないのです。

一週間さえ乗り越えてしまえば、それまで当たり前に食べることが出来ていた肉やご飯の美味しさを何倍も感じることができ、尚且つ健康的に消化まで行ってくれるのです。

初日から比べれば、四日目ぐらいのゴボウの煮物は、茸と同じほど山の豊かな香りが判るほど繊細な嗅覚も培われている頃で、精進料理もとても美味しく感じられるようになります。

スポンサーリンク


  今日の人気記事ランキング

胃腸炎にかかった時食事にどうして注意しないといけない?

胃腸炎にかかる前に大好きだった、特にラ-メンやチャ-ハンなど穀物と油が主役の料理は、確実に一時辞めることを実行する必要があります。

油の大量摂取は、消化の働きを妨げたり、処方された薬の効果も鈍らせたりしますから良くありません。

市販の薬だけ飲んでいても、全然効果を感じられないという人は、炭水化物と油の摂取量が多い食事を続けてしまっている人である可能性が高いです。

どれだけ美味しく感じる大好物だとしても、世界滅亡が迫っていなくても、自分自身の胃腸が受け付けてくれる健康的な体を持っていなくては楽しく美味しい食事など不可能なのです。

胃腸炎にかかった後は、素直に担当医師の指示やアドバイスに従い、処方された薬が効きやすい健全な体質を摂り戻すことから始めなくてはなりませんから、大好きな油、炭水化物、肉や魚を使っている食事は控え、飲み物は水だけを飲む癖を付けることが大切です。

一週間経過すれば、少しづつ色々な食物繊維の豊富な食材を増やしながら肉や魚を摂りいれることが良いとされています。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

まとめ

食事が大好きで、食べる楽しみが生きがいという人ほど胃腸炎にかかりやすいです。

呼吸するのと同じほど、胃腸も自分のために毎日働いてくれるのですから、

しっかり休暇を与えることが出来る食事と飲み物を選んで養生しなければなりません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 - 内臓の症状