welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃腸炎の食事、コーンスープはおすすめなの?

   

胃腸炎の食事、コーンスープはおすすめなの?

胃腸炎がおこったときには、食欲がなくなりますね。

そのようなときの食事はどのようなものをとればよいのでしょうか。

今回は、「コーンスープ」などは大丈夫なのかについてみていきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃腸炎になった時の食事はコーンスープでも問題ない?

胃腸炎になるということは、胃の粘膜に炎症がおこっています。

近頃は、ノロウイルスなどの感染性の胃腸炎も流行していますので、胃の具合が悪い時にはなるべく安静にしたいものです。

胃が痛むときや下痢、嘔吐などがある場合には、むりをして食べ物を食べようと思ってもはいてしまったりすることがありますので注意が必要です。

胃腸炎の場合の食事として、コーンスープでも問題はないですが、つくりかたに注意が必要です。

コーンスープといえば普通は、バターをとかし、小麦粉をのばしながらルーを作るのが一般的ですが、バターなどは胃に負担がかかることがあります。

胃腸炎になったときは、バターや油などを極力使わず、市販のコーンクリーム缶などを使って水や牛乳、豆乳などをお好みで加えたあっさりと味付けをしたものにすることが望ましいでしょう。

あまりにも胃腸炎がひどいときには、このようなものでもからだが受け付けないことがありますのでその場合には、経口保水液などを利用するとよいでしょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

胃腸炎になった場合食事はコーンスープの他に何が良い?

胃腸炎になった場合の食事は、コーンスープの他に何が良いのかというと、 先ほどのべたように食べ物自体をからだが受け付けないような場合には、市販の経口保水液などを飲むとよいでしょう。

食べ物をからだが受け付けるようになってきたら、ご自分の胃腸の状態をみながら、水の割合が多い「おもゆ」や「おかゆ」をからだの状態にあわせてつくり食べるとよいでしょう。

うどんもおススメです。

いつもよりも少しやわらかめによく煮込んだものですと消化も良いので安心です。

卵などをトッピングに入れる場合には、卵もやわらかめの半熟から半熟より少しかためくらいにゆでると消化もよく安心です。

あまり固めにゆですぎると、消化の妨げになる場合もありますので調子が悪い時にはつくりかたにも注意したいものです。

また、豆腐に大根おろしやキャベツをいれた鍋などもおススメです。

大根おろしは消化酵素が含まれていますし、キャベツは胃腸にやさしい野菜ですので安心して食べることができます。

そもそも胃腸炎以外の病気の食事でもコーンスープはOK?

では、そもそも胃腸炎以外の病気の食事でもコーンスープはOKなのでしょうか。

バターや小麦粉などを使ったものはあっさりしておらず、胃腸にも負担がかかるコーンスープですのでつくりかたには注意が必要ですが、クリームコーンなどを使ったものであれば、たとえば風邪やインフルエンザなどで食欲がわかないような時にも、栄養をとることができますのでおススメです。

スイートコーンには、リノール酸やオレイン酸がたくさん含まれますので、善玉コレステロールを増やす効果が期待できます。

その結果、悪玉コレステロールも減りますので各種の血管系の病気なども予防できるかもしれません。

また、特にビタミンB1およびビタミンB2、カリウムなどを多く含んでいますので、免疫力をたかめます。

食欲がなくなるような病気になると固形物を食べることができなくなったりもしますが、コーンスープは栄養もありますので病中や病後の体力回復にもひとやくかってくれそうですね。

この記事の続きを読む

次のページ>>  食事から胃腸炎になることはある?

 - お腹の症状