welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃腸炎の食べ物。ゼリーがおすすめの理由って?

   

胃腸炎の食べ物。ゼリーがおすすめの理由って?

胃腸炎に罹患したとき、食べ物をどうされているでしょうか?

なるべくなら食べやすいもの、例えばゼリーなどはどうなのでしょう。

胃腸炎の際の食べ物について気を付けることを探ってみましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃腸炎にかかった際の食べ物はゼリーがオススメ?

冬になるとかかりやすい病気の1つが胃腸炎です。

胃腸炎は、発熱や下痢、吐き気などの症状が出て身体的にもつらく、消化器に直結する場所の炎症ですから食事もとりづらくなります。

食欲も落ちてしまうので何も食べたくないと思う方は多いと思われます。

また、無理に食べたら吐いてしまう可能性があります。

吐いたらさらに体力を使ってしまうので注意が必要です。

人間の身体ですから、十分な食生活を心掛けている限り、胃腸炎によって食べ物を食べづらい場合は、1~2日であれば水分補給さえしていれば無理に食べる必要はありません。

しかし、2日を経過すると、何か食べ物を食べなくてはと思ったりする人も多いと思います。

そういうときの食べ物として、ゼリーがオススメです。

ゼリー以外でも流動食であれば、体力の衰退で飲み込む力が弱くなってもつるんと飲み込めるからです。

消化器系、いわゆる胃や腸の手術をされた方の術後の食事として、ゼリーが出されているのは、そういうことがあるからです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

胃腸炎にかかった時ゼリー以外に摂るべき食べ物は?

胃腸炎は消化器系の炎症の病気ですから、のどつまり食道や胃などに食べ物が通過する場合にも刺激で炎症を悪化させます。

また、食欲が落ちているので、普段はなんでも食べられる人も何も食べたくなくなるのではないでしょうか。

無理に食べれば吐く可能性があり、吐くことで体力を減少させ、さらに病気に打ち勝つ力がなくなっていきます。

そういう場合には、刺激による炎症を起こしにくく、のどの通りが良いゼリーなどの食べ物が適していますが、ゼリー以外に適した食べ物はあるのでしょうか?
一般的には、消化に良い食べ物が推奨されています。

たとえば、うどん。

うどんは小麦粉と塩しか使ってないので消化が良いし、ゼリーと同様、つるんとした口触りで喉にも通りやすいのが特徴です。

別の食べ物としては、ヨーグルトがあります。

ヨーグルトは、固形物でないことから胃腸に負担をかけにくく、また、乳酸菌やオリゴ糖が入ってますので、腸の調子を整えることができます。

胃腸炎の時の食べ物でゼリーがいいのはなぜ?

胃腸炎では食欲の減退から、栄養を取って安静にするような風邪への対処法とは異なる対処法が要求されます。

食べ物も、のどを通りやすく、消化がよく、胃腸に負担をかけにくいものが推奨されます。

例えば、ゼリー、うどん、ヨーグルトがあります。

また、新鮮な果物もおすすめです。

果物には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれていて、食欲がない状態での胃腸炎でも栄養補給をしたい場合には適しています。

果物には消化がよい食べ物と、悪い食べ物に区別されます。

リンゴやバナナは、消化がよい果物として知られています。

食欲がない場合はジュースにして飲む方法もあります。

反対に、みかんなどの柑橘系や葡萄などは消化の関係から適していません。

この中で、実はゼリーがもっとも適していると言われています。

ゼリーでも、いわゆる栄養補給系です。

ゼリー製品の中には、エネルギーやビタミン、ミネラルを補給できるタイプの商品があります。

ヨーグルトや果物ではどれかが欠けますが、ゼリーであれば複数を併用すれば、エネルギーや栄養素を補給してくれて、体の回復が早くなりやすいと言えます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  胃腸炎の時に食べ物で注意すべきことは?

 - 内臓の症状