welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃腸炎で頭痛!ロキソニンは有効なの?

      2016/03/04

胃腸炎で頭痛!ロキソニンは有効なの?

飽食や飲酒、ストレスなどによって、現代人の胃腸は常に胃腸炎の危険と隣り合わせです。

胃腸炎を患っている場合に頭痛を併発した場合にはどうすれば良いのでしょうか。

代表的な鎮痛剤であるロキソニンの服用の注意についてご紹介します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃腸炎で頭痛がある場合ロキソニンで治る?

元々から胃腸があまり強くないの慢性的な胃腸炎や、過度な食事や飲酒を通じて胃腸が荒れてしまい発症した急性型の胃腸炎など、胃腸炎には様々な症状があります。

これらの胃腸炎のいずれかの症状を患っている最中に、頭痛による頭が痛い症状に悩まされているときには、ロキソニンのような鎮痛剤を服用することで症状が治まるのかどうかについてですが、原則として胃腸炎を発症している際には、ロキソニンのような鎮痛剤の使用は極力控えた方が良いというのが最善の選択です。

ロキソニンは様々な痛みを沈める高い鎮痛効果を持つ医薬品ですが、そのあまりの強さから、服用されたあなたの胃腸を荒れさせてしまう原因にもなってしまいます。

特に、胃腸炎を既に患っている肩の胃腸内部は胃酸などによってただれてしまっているため、ここに新たにロキソニンを服用してしまうと、薬によって胃腸内部が更に荒れてしまい、むかつきや重篤な症状の危険性にもなりかねません。

ただし、胃腸炎を発症しつつも食欲がしっかりとあり、実際に十分な量の食事を摂取できているのであれば、食後30分以内に限り、ロキソニンの服用を行っても良いでしょう。

これは、ロキソニンの服用の原則として空腹時を避けるという点に由来していて、既に摂取した食事が胃腸内部に残っているため、薬による荒れを最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

頭痛がある場合ロキソニンと胃腸炎の薬は一緒に飲んでも問題ない?

慢性的な胃腸炎や急性胃腸炎で処方される処方薬を服用されている方が、同時に併発した頭痛を抑えるため、ロキソニンなどの鎮痛剤を胃腸炎の処方薬と一緒に服用して痛みをしずめることができるのかどうかについては、原則として、同時の服用を行っても構いません。

これは、胃腸炎の処方薬として処方されている胃薬や胃酸を抑える医薬品と、ロキソニンなどの鎮痛剤が持つ成分が競合しないためです。

ただし、ロキソニンの服用の際には、必ず空腹時を避けて食後から30分以内の服用を推奨されているので、胃腸炎で食欲が無い方が、食事を一切摂らないままロキソニンと胃腸炎の薬を併用するのはあまり好ましくありません。

薬同士による競合の心配はありませんが、ロキソニンは非常に強い鎮痛効果を持つため、同時に胃腸内部を荒らしてしまうほどの強さを持ち合わせています。

あなたの胃腸は、空腹時ほど荒れやすい環境ですから、十分な食事を摂らずにロキソニンを胃腸炎の薬と一緒に服用すると、胃腸炎の薬による整腸効果を妨げるばかりか、胃腸内部を更に荒れさせる原因にもなってしまうので、一緒に服用する際にはしっかりと事前の食事を摂るようにしましょう。

胃腸炎ので頭痛がある場合ロキソニンは処方される?

急性型の胃腸炎や慢性型の胃腸炎など、胃腸内部が荒れることによって発症する炎症を抱えている方の内、病院で正しく治療を受けている方には、胃腸炎に対応した胃薬や胃酸抑制剤などの処方薬が処方されるのが一般的です。

これら胃腸炎の症状を緩和し治療する目的で処方されている処方薬を正しく服用することによって、胃腸の荒れを抑えることができます。

また、胃腸炎の症状と共に頭痛の症状を医師に伝えた場合、頭痛を抑える効果を持つ治療薬として推奨されるのが、ロキソニンなどの鎮痛剤です。

病院で正しく胃腸炎に関する治療や診察を受けている方に対しては、同時に併発した頭痛に対応するため、ロキソニンやカロナールなど頭痛に対して優れた鎮痛効果を持つ処方薬が処方されます。

これは、胃腸炎の処方薬とロキソニンなど頭痛に対応可能な処方薬に競合するような医療成分がないため、同時服用をしても構わないというルールの下で行われています。

ただし、他の症状の有無などによって、医師によりロキソニンの処方を見合わせる場合もあるので、正しい診察を受けることがなによりも大切です。

この記事の続きを読む

次のページ>>  頭痛の場合ロキソニンの効果はいかほど?

 - お腹の症状