welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃痛で病院に行くタイミングは?

      2016/03/08

胃痛で病院に行くタイミングは?

胃痛を感じた場合に病院に行くタイミング、

何科に行けばいいのか分からないという人に

胃痛に関して知っておいて欲しい事を紹介します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃痛ですがどのタイミングで病院に行けば良い?

胃痛というのは簡単に説明するなら胃が痛くなる症状で、胃痛には様々な原因が考えられます。

ストレスといった精神的なモノから胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気である可能性もあります。

人によっては食べすぎや胃もたれ程度と軽く考えている人もいるかもしれませんが、胃痛を放置すると悪化して命の危険に繋がる恐れもあります。

なので上腹部に胃もたれを感じたり不快な状態が続く場合。

さらには胃の中が空っぽの時にみぞおち部分がチクチク傷む時には出来るだけ早く病院に行くことをオススメします。

痛みを我慢して合併症を引き起こすケースもあり、そうなると入院などが必要になったり完治するまでに時間がかかるので注意して下さい。

基本的にどのような病気や症状であっても早期発見早期治療が最も重要です。

なので1度病院に行って大したことなければそれで安心することが出来ますし、リスクが高い病気の場合は酷くなる前に治療を行うことが出来るので出来る限り早めに病院に行くようにして下さい。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

胃痛のこのタイミングの時は病院に行かない方がいい?

胃痛は出来るだけ早めに病院に行った方がいいと説明しましたが、このタイミングでは病院にいかない方がいいというタイミングはあります。

胃痛というのは基本的に胃が空っぽな状態の時にキリキリと痛みを感じるという人が多く、胃に痛みを感じないように胃が空っぽになる事を避ける人もいるでしょう。

胃痛を感じる場合に考えられる病気としては胃潰瘍もしくは癌というのが代表的な病気で、患者が胃痛を訴えた場合は医師は胃カメラで検査を行います。

胃カメラで原因がはっきりしない場合、怪しいと医師が判断した場合は胃カメラにより胃の組織を少し取って顕微鏡検査を行うことで癌かどうかを確認することが出来ます。

なので胃痛で病院に行く場合は食事の後というタイミングは避けて下さい。

胃痛を抑える為であっても食事をしてしまうと胃カメラを飲むことが出来ません。

なので病院に行くことを決めた場合は痛くても我慢してその時だけは胃にモノを入れないようにして下さい。

胃痛の場合タイミングを逃すと病院に行きにくい?

胃痛というのはタイミングを逃すとなかなか病院に行きにくいということが出来ます。

つまりずっと痛い状態が続くのなら我慢に耐えかねて誰もが病院に駆けつけますが、夜中に胃痛がして救急車を呼ぶほどではない場合はつい我慢をしてしまう人というのは多いと言えます。

ですが真夜中は当然電車も動いていないし、胃痛が酷い状態の時には車を運転することは出来ません。

それで少し胃痛が落ち着くまで待ったら、夜中に無理して行かなくても翌日でもいいかなといった気持ちになってしまいます。

胃痛というのは痛みに波があるので落ち着くと痛みを感じなくなり仕事を休んでまで行く必用はないかと勝手に判断してしまいます。

そうしてまた次に大きな痛みの波が襲ってきた時に病院に行かなかったことを後悔しつつ同じことを繰り返す羽目になってしまのです。

まさに喉元過ぎれば痛みを忘れるの典型的な症状が胃痛であるという事が出来ます。

だから基本的には痛みを感じたその日、もしくは翌日には痛みが落ち着いていても必ず病院に行くようにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  そもそも病院に行くタイミングがわからない

 - 内臓の症状