welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

胃炎の症状で背中痛になることはあるの?

   

胃炎の症状で背中痛になることはあるの?

食べ過ぎたときや、飲みすぎなんかで胃が痛くなることってありますよね。

シクシク痛むときはよくある症状ですが、背中痛がある場合は急に不安になりますよね。

もしかしてガンかなとやみくもに不安にならずに胃のメカニズムを知ってみましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃炎の症状で背中痛はありますか?

胃が痛む人の大半は、一度は背中痛に襲われたことがある方が多いです。

胃には神経が沢山通っているので、心ととても深い関係があるといわれています。

心とは自律神経のバランスを表しており、嫌な気持ちやストレスを感じると自律神経が乱れるので胃のコントロ-ルが乱れて、胃酸が増えてしまったり胃の伸縮が見られたりします。

その動きによって背中が痛くなってしまうことがあります。

しかし、たまに痛くなる程度では心配する必要はありませんが、かなりの頻度で背中痛がある場合は胃に潰瘍ができている可能性があります。

潰瘍ができると胃液が浸透して背中にある膵臓を刺激する為、背中が痛くなるのです。

しかし、背中が痛いから胃潰瘍といったことではなく、他の臓器の痛みによって背中痛がある場合もあるので、病院に行って調べることが重要だと思います。

検査をしてなにも無ければ、ストレス性の一過性のものと考えて、ストレス改善に努めるほうが治療の早道になります。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

胃炎の症状で背中痛を感じる場合何をしたらいい?

まずは、胃酸が多く出ている胃酸過多による痛みの可能性があるので、少し多めの水か白湯を飲んでみることをおすすめします。

水分を多めに取ることで胃の痛みが和らぐ場合は、胃酸が出過ぎてしまっている証拠です。

また、胃が荒れて胃酸がしみて痛みが背中痛として出ている場合もあるので、その場合は胃壁をガ-ドする牛乳を飲んでみてください。

そうすることによって、胃の壁に粘膜を作ってくれるので胃の壁の傷などに胃酸がしみることを防げるので、痛みが和らぐ場合があります。

それでも痛みがある場合は、病院に行くことをおすすめします。

注意しなければいけないことは、家にある胃薬をあまり飲まないことです。

胃酸が出すぎているのに、胃腸の動きを活発にする胃薬を飲んでしまうと、余計に悪化してしまいます。

また逆に胃酸があまり出なくなって食べ物を溶かす能力が落ちて胃もたれなどの痛みなのに、胃酸を抑える胃薬を飲んでしまうとさらに胃にダメ-ジを与えて胃の動きが悪くなってしまいます。

胃薬にはいろんな作用の薬がありますので、症状に合わない薬を飲むことは避けたほうがいいです。

胃炎の症状で背中痛がある場合病院は何科?

胃炎で背中痛がある場合は、いちばんベストなのは「胃腸科」専門の病院にまず行くことがポイントです。

内科でも構わないのですが、まずは胃になにもないかをしっかり見てもらえるほうが、原因を探しやすいです。

特に胃の中を調べることになった場合、胃カメラを飲むことになるのですが、そういった施設が整っているとスム-ズに検査が受けやすくなってきますよね。

また、胃カメラは先生の技術によって検査の痛みなどが変わってきますので、専門の胃腸科の先生のほうがカメラの腕がいいので痛みも少なくて済みます。

もし、胃カメラを飲んでみて胃に何も無いようであったら、胃薬で様子を見てみてそれでも背中痛があったら、次は他の内臓を疑って内科を受診します。

その順番のほうが病院の移動や原因を探しやすい手順としてはオススメです。

胃の痛みは薬を飲んだからといってすぐに止まるものではなく、原因があれば長く続くものなので、早めに原因を探して的確な治療を受けることが早道になります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  胃炎の症状は主にどんなもの?

 - お腹の症状