welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

睡眠薬の副作用で夢遊病になってしまうって本当?

      2016/02/09

睡眠薬の副作用で夢遊病になってしまうって本当?

睡眠薬を使っていると、実は副作用で夢遊病になる可能性があることをご存知でしょうか。

睡眠薬を利用する際には、副作用によく注意して利用するようにしましょう。

知らない間に夢遊病になっているかもしれません。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

睡眠薬の副作用で夢遊病に!?

夢遊病の原因はもちろん、睡眠薬によるものだけではなく、たくさんの要因があります。

精神的にストレスを抱えていたりして問題を抱えている場合や、あるいは睡眠に対してなんらかの障害が発生しているとき、夢遊病になってしまいます。

過度なダイエットに取り組んでいた人がそのストレスで夜中に寝ている間に暴飲暴食をしてしまっていたなんて話も聞きます。

夢遊病の原因はこのように睡眠薬だけとは限らないのですが、確かに睡眠薬による副作用によって夢遊病になってしまっている症例もあります。

睡眠薬の服用には十分に気を付ける必要があるでしょう。

特に副作用で夢遊病が起こりやすい睡眠薬の種類として、アメリカのFDA(米食品医薬品局)から発表されたデータによるとマイスリー、ハルシオンがあげられています。

睡眠薬の種類にはいくつかの種類がありますが、ハルシオンやマイスリーは日本でも一般的に使われているものですから、服用している方もたくさんいらっしゃるでしょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

夢遊病は何?睡眠薬の副作用の影響?

そもそも夢遊病とはどのような病気なのでしょうか。

夢遊病とは、睡眠のしながらも何らかの行動を行うことを言います。

中には歩き回ったりといったことだけではなく、食事をとったり、あるいは車の運転をしたりといった行動をとる人までいます。

もし自分が寝ている間に車の運転をしてしまって事故でも起こしたらと思うとぞっとしますよね。

海外の珍しい事例ですが、中には寝ている間に自分の母親を銃で撃って殺害してしまったという事件までありました。

日本では銃が一般に普及していませんからこのようなことはまず起こらないと思いますが、夢遊病中に暴力をふるうということも起こりえるようです。

ですから、夢遊病の症状があらわれている人と接する場合には十分な注意が必要でしょう。

また、自分自身が睡眠薬を服用しているという場合には夢遊病の症状がでていないかどうか、注意してみる必要があるでしょう。

もしかしたら自分が知らないうちに寝たまま夜中さまよっているということがあるかもしれません。

夢遊病の場合睡眠薬の副作用の可能性は?

先にも述べましたように、夢遊病の原因はもちろん睡眠薬だけではありません。

精神的な問題を抱えていたり、あるいは何らかの原因で睡眠がうまくできない状況にある場合に夢遊病になってしまうということがあり得ます。

ただ、自分が睡眠薬を日常的に服用していて、夢遊病の症状に悩まされているという場合には睡眠薬の副作用によって夢遊病が引き起こされている可能性が十分にありますので、睡眠薬を処方してもらっている病院の医師とよく相談してみたほうがいいでしょう。

睡眠薬の種類を変えたり、あるいは飲む量を変えるといった対策が必要になるかもしれません。

また、睡眠薬の副作用として夢遊病の症状がでる場合には睡眠薬だけではなくアルコールとの関係性も大きいようです。

アルコールと睡眠薬を併用することによって夢遊病を引き起こすケースが多いようですので、なかなか眠れないからといってアルコールと睡眠薬を併用するのはやめましょう。

併用することで夢遊病を引き起こしてしまうかもしれません。

この記事の続きを読む

次のページ>>  睡眠薬を服用し続けると夢遊病になる?

 - 薬剤