welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

病院の診断書は保険の適用に必要なの?費用は?効力は?

   

病院の診断書は保険の適用に必要なの?費用は?効力は?

生保会社に医療行為に対する給付金を請求する際には、病院の診断書が必要になるケースがほとんどです。

なぜ、あえて有料の診断書を作成してもらう必要があるのでしょうか。

その理由について説明していきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

保険の給付に病院からの診断書は必要?

まず、生保会社としては虚偽の医療行為に対して

給付金を出すわけにはいきません。

企業としての損失につながってしまうからです。

ただ、生保会社がそうした医療行為が行われたかどうかを

勝手に調べることは、個人情報保護などの観点からできません。

このため、ちゃんと医療行為を受けたという

証明が必要になってくるのです。

この証明を行うものが病院の診断書なのです。

後述するように病院の診断書に虚偽記載を行うことは違法ですので、

実際に医療行為が行われたことの証明になります。

この証明は給付金を出す上での大きなポイントになってきますので、

診断書の提出は後述する例外を除けば必要になってくるのです。

ちなみに診断書の書式については生保会社から送付されてきますので、

それを病院側に提出し、必要事項を記載してもらうのがいいでしょう。

複数の生保会社に提出する場合は、1つの診断書をコピーして

提出することが可能なケースもありますので、

生保会社に問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

保険の給付に病院からの診断書が必要ない場合はある?

実は生保会社の給付金で、病院の診断書を提出する必要がないケースはあります。

例えば入院日数が2週間以下、手術を受けていない、

特定の疾病でないなどの条件があれば、生保会社によっては診断書が不要になるケースがあります。

給付金を請求する際に、病院の診断書は必ずしも必要がないのです。

ただ、給付金の請求を行う際に生保会社側から

必要書類を提示されることがほとんどです。

その中に病院の診断書が必要かどうかについては、

基本的に明記されています。

そこに診断書について必要だと記載されていなければ不要ですし、

記載されていれば必要になるということです。

実際にはがんや心臓病などの成人病については専用の保険が容易されていることもあり、

診断書が不要となるケースはほとんどありません。

給付金を請求する際に病院の診断書が不要となるケースの方が少ないのです。

生保会社からの給付金を請求する際には、

基本的に病院の診断書が必要になると考えておいた方が無難だといっていいのではないでしょうか。

保険の給付の為に病院から診断書をもらう場合どのくらいの費用がかかる?

実は、病院の診断書の作成料金は定められていません。

このため、作成料金は医療機関によって異なっていますので、

各医療機関に問い合わせてみないと分からないというのが実際のところです。

安いところですと4000円という例もありますし、

高いところですと1万円が必要になってくる場合もあります。

ただ、だいたいの場合は5000円前後が相場ですので、

あまりにも高いところは「ぼったくり」と思われても仕方がないのではないでしょうか。

そして、診断書の作成料金は「1件ごと」のものです。

複数の生保会社の保険に加入しているようなケースでは、

複数の診断書の作成が必要になってくるケースも考えられますので、

それぞれについて作成料金がかかってしまうことになるのです。

ただ、上にも書きましたように、

診断書のコピーを提出することが認められている生保会社もあります。

その場合は、コピーを提出することで給付金請求のコストを抑えることができますので、

生保会社に問い合わせてみましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  病院からもらう診断書はどんなことに使用する?

 - 病院の疑問