welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

病院の紹介状!書き方は決まってるの?

   

病院の紹介状!書き方は決まってるの?

病院で紹介状を書いてもらう場合に、決まった書き方があるのかと考えることありますよね。

紹介状には、患者の様々な情報が記入されています。

では、どんな書き方になっているのでしょうか。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

病院から貰う紹介状に書き方はある?

病院の紹介状には、患者の氏名、年齢、性別、住所、電話番号などの基本的な情報と、

現在の病名、症状、病気の発生、経過観察の様子などが記載されています。

また、検査結果や入院、手術の有無、投薬内容などの病院での情報、

体のアレルギー反応のあるなしについても記載されています。

担当していた医師名や医師と病院の押印や、

患者の情報として、レントゲン写真やデータを同封することもあります。

患者にとって、同じ病気で同じ検査を受けるという

時間と手間を防ぐために行っています。

紹介状の発行には、料金がかかりますが、検査が重複してしまったり、

診察に時間がかかったりしないように配慮されています。

紹介状は、診療情報提供書という名称が正式な名称で、患者の情報を病院は違っても、

医師間で共有して迅速に治療をしようという認識からできています。

紹介状が必要になった場合は、発行に時間と費用の負担がありますが、

後からの処理のためにも必要な文書なのです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

病院からもらう紹介状でこんな書き方なら受付てもらえないこともある?

紹介状は、病院によって若干、違いはありますがそれは、

文書の体裁として違うということであって、内容にはほとんど大差はありません。

病院としてのサンプルの記入方法はあるかもしれませんが、

どの病院であってもほぼ同じ体裁の文書と言えます。

新しい病院の受付で提出した時に、

この文書では受付できないと言われたらと心配になることもあるかもしれませんが、

そんな気苦労は無用です。

病院では、必ず、患者の治療を第一に考えた紹介状を作成してくれます。

よく、担当のベテラン医師ではなく、

時間に余裕のあるような研修医が紹介状を記入するのではないかとの

声を聞くことがありますが、研修医であっても医者には変わりありません。

むしろ、忙しい中で書いてもらうベテラン医師より

丁寧に接してくれることも多いものです。

また、研修医が記入した紹介状は、必ず、

指導をする先生のチェックが入り、確実なものとなります。

紹介状の情報を正しいものと認める押印もあるため、

書き方に問題が発生することはありません。

病院からの紹介状の書き方や内容は患者にわかる?

紹介所の中身を患者が目にすることはありません。

例え、目にしたとしても、基本的な情報や診察状態が記入してあるだけで、

患者自身にとって、不安を煽るような内容にはなっていません。

また、封はしてあっても、氏名は表面から確認ができるので、

別の誰かの紹介状と間違えるといったこともないでしょう。

大学病院などの大きな病院へ転院する場合には、

紹介状があると診療代金が安くなることがあります。

紹介状があると、患者からしても1度受けた検査を

何度も受けなくて済むという利点がありますが、

病院としても症状が一目瞭然に判断をすることが可能で、

治療にスピードアップをして取り組めるといったメリットがあります。

紹介状の中身に何を書かれているのかと心配になるかもしれませんが、

一刻も早く病気を治癒するため、紹介所を渡すというシステムが取られているのです。

患者のデメリットになるようなことは、何も書かれていません。

不安になることなく、新しい病院での、治療に専念することをおすすめします。

この記事の続きを読む

次のページ>>  病院の紹介状って?

 - 病院の疑問