welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

病院の紹介状はどこでも使えるの?

   

病院の紹介状はどこでも使えるの?

病院の紹介状は、どこでも有効なのかと考えることってありますよね。

紹介状なしで、違う病院を受診するのも不安になってしまいます。

では、紹介状はどうすれば発行してもらえるのでしょうか。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

病院の紹介状はどこでも有効?

まず、今、病気を治療している病院の先生に紹介状を発行してもらいたい旨を話してみましょう。

診察の予定があるなら、その時でも構いません。

「実は、違う病院での診察を考えていまして紹介状をお願いしたいのですが」と話を切り出すと良いでしょう。

病院が紹介状を発行するということは、その病気をあらゆる角度から検証したいということが目的です。

例えば、内科を診療していたけれど、手術が必要になるため大病院の外科に依頼するケースもあります。

全く違う診療科への紹介状であっても、その病気を治すことに必要だから依頼するのです。

紹介状が必要になるケースとして、患者側が引越しなどで今の病院に通うことができなくなってしまった場合と、病院側の機械設備がないなどの理由から対処できなくなってしまった場合の2つが主な要因として考えられます。

家の事情から通えなくなるなら、新居の住所を病院へ話して紹介状を依頼しましょう。

患者側からすると、どこの病院でも有効かなと不安になることもあるかもしれません。

しかし、病気を調べて、完治することが先決です。

気にせず、病気を治すことに専念しましょう。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

病院の紹介状はどこでも発行してもらえる?

病院は、患者の病気を治すこと、安心させることが第一です。

患者側から紹介状の依頼があればどこでも発行してもらえます。

しかし、悲しいことに義務ではありません。

もし、あなたが今の診察に何か不満があって病院を変えたいと考えているのなら、素直にそのことを病院の先生に話すようにしましょう。

とても言いにくいことかもしれませんが、自分の病気治療のことですから、やはり納得した上で診察を受けたいものです。

例えば、「もう少し違う、詳しい検査を受けてみたい」や「納得するまで診察を受けたい」とのことを自分の言葉で話してみてはいかがでしょうか。

様々な病院で診察を受けて、色々な医師から意見を聞きたいと願うのは、患者として当たり前の権利です。

セカンドオピニオンを受けたいと素直に意見を述べ、それに理解を示すのが患者のことを考える本当に良い医師です。

あなたの言葉で、きちんと伝えたなら、病院側も丁寧に対応してくれるはずですよ。

また、言いにくいようなら、紙に書いて渡すと言う方法もあります。

言いたいことをまとめるだけでも気持ちは伝わりますよ。

また、どうしても言い出せないけれど、転院したいという場合には、検査は重複してしまうかもしれませんが、病院を変更することは十分可能です。

病院の紹介状はどこでもいいわけではない?

患者が治療中の病気で通っている病院なら発行してもらえます。

しかし、紹介状を書いてもらうには、料金が発生します。

これには色々な情報が記入されています。

紹介状は、診療情報提供書という名前が正式な名称で、患者の氏名、年齢、性別、住所などの基本的な情報の他に病名、現在の症状や経過観察、検査、入院、手術などの情報、投薬の内容、アレルギーの有無などの多様な情報が記載されています。

また、同じ検査を次の病院で受けなくても済むように、レントゲン写真やデータ類、血液検査などの検査類情報を資料として添付している場合もあります。

病院によって、また個人によって料金に差があるため、一概にいくらとは言えませんが、数百円~数千円程度かかると認識しておくと良いでしょう。

また、大学病院など大きな病院への転院の場合には、紹介状があると診療価格が安くなることがあります。

患者側からしても、不必要な同じ検査を何度も受けなくても済みますが、病院側としても時間の手間がかからないため、紹介状がある場合には、診察がスムーズに進む傾向があります。

この記事の続きを読む

次のページ>>  病院の紹介状が発行されないケース

 - 病院の疑問