welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

病院の紹介状、値段はいくらくらい掛かるの?

   

病院の紹介状、値段はいくらくらい掛かるの?

病院の紹介状っていくら料金がかかるのか気になりますよね。

値段を聞きたいけれど、聞きにくいという方も多いようです。

紹介状について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

病院から紹介状を発行してもらうための値段は?

紹介状を発行してもらうためには料金が必要で、その額は、診療報酬の中で費用が決定されています。

患者の健康保険の自己負担比率などによって違いますが、どこの病院へ転院するかどうかといったことでも違います。

診療所から診療所、病院から病院、200床以上の入院施設の整った病院から診療所、診療所から病院、また入院中の病院から退院する診療所などの様々なパターンがあります。

しかし、数百円~数千円までの金額で発行してもらえるため、一度、受付で詳しく聞くようにすると安心です。

紹介状がないと診察のために待ち時間が増えたり、金額に差が出たりすることもあります。

しかし、これも健康保険の制度の中で決められた金額になっています。

紹介状をもらうことで料金が発生するため、戸惑ってしまうこともありますが、一度受けた検査の手間を省くなど、結果的には、負担が少なくなっていることも多いようです。

病院での情報共有をするという面でも、紹介状は大切です。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

病院から紹介状を発行してもらう中で値段がかからないことはある?

紹介状を病院で発行してもらった場合には、料金に差はありますが、無料ということはありません。

きちんと規定がされているからです。

しかし、紹介状なしで、いきなり大学病院などの200床以上入院施設がある病院へ初めて診察に行くと、選定療養費という名前の診療費ではない特別料金が加算されることがあります。

これは、健康保険外の全額自己負担となります。

病院によって料金は違いますが、大学病院では3000円~5000円程度、自治体の病院では1000円程度の料金が発生していることが多いようです。

これは、厚生労働省の先進医療を受けるための考え方から規定されたもので、適正な医療の効率化を図り、有効性や安全性を確保するということが前提になっています。

誰でもが自分が思う病院を訪れると、大病院に軽い症状であっても診療に訪れる人がいるため、混乱が起きてしまいます。

大きな病院では、困難な治療や手術を行い、小さな病院では軽度の治療、慢性化した病気を診察するなど医療の分担化が明確化されています。

そのため、小さな病院では費用が安くなっているのです。

どうして病院で紹介状などを発行する場合に値段が発生するのか?

紹介状は、診療情報提供書というのが正式な名称です。

診療情報提供書には、名前の通り、患者の今までの診察の経緯が記されています。

名前や住所、生年月日などの基本的な情報の他、病気の症状、治療経過、検査や入院、手術の経緯、退院後の経過観察、投薬内容、その他アレルギーや色々な記載した方が良いとされるような背景などの情報が入っています。

また、レントゲン写真などのデータを一緒に添付することもあります。

もし、仮に紹介状がなくても受診することは可能ですが、そういった情報があることで、一度行った検査等を行わないで済むというメリットがあります。

紹介状を書いてもらう際には、金額の面での負担はありますが、後で、料金が安くなった、待ち時間が減ったということもあります。

病院側も医師の時間を取って紹介状を記入するわけですから、値段はどうしても発生してしまいます。

しかし、より良い診療を受けるために必要なもので、患者のためにもなるデータと言えます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  病院の紹介状で有効なことは?

 - 病院の疑問