welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

生理痛の腰痛はストレッチで克服できる!その秘訣とは?

      2016/02/09

生理痛の腰痛はストレッチで克服できる!その秘訣とは?

生理痛にもさまざまな種類がありますが

腰痛に悩まされている人は多いはず!

温める?ストレッチ?何か効果的な対処法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


  新着記事一覧

生理痛での腰痛にはストレッチが効果的?

女性なら月に一度は生理痛に悩まされる方も多いことでしょう。

生理の時には腰や骨盤についている筋肉の血の巡りが悪くなってしまいますので、このために腰痛が引き起こされるのです。

ですから、こういった血の巡りを良くしてあげることで、生理の際の腰周りの痛みを和らげていくことが出来ます。

それには腰や骨盤周囲の筋肉をほぐしていく、ストレッチが効果的だと言えるでしょう。

また、女性は特に男性と違って筋肉量が少ないせいもあり、知らず知らずのうちに血行不良になって筋肉が凝り固まりやすい傾向にあります。

腰回りを中心にしてボディ自体のストレッチを行って筋力をほぐしていくことで、生理痛での腰痛をだんだんと緩和させることが出来ます。

さらに生理の最中にストレスをかけることも、腰回りの筋肉に余計な緊張を与えてしまいます。

適度に休憩を取りながらストレッチを行うことによって、筋肉の緊張やコリがほぐれて血行が改善されますので、腰痛緩和に効果があると言えます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

生理痛で腰痛がひどい場合のストレッチとは?

生理の際にひどい腰痛がある場合には、骨盤の内部にある筋肉の緊張をといてあげるストレッチが、腰の痛みの改善に効果的だと言われています。

ベッドの上に寝こ転んだままでもできる簡単なストレッチもあります。

両方の膝を抱えた状態でゆっくりと顔の方に引き寄せていって、体の筋がのばされる感覚をじっくりと味わってください。

この時に、腰回りの筋肉を中心として背中周りの筋肉が引っ張られる感じを意識して行います。

自分で心地よい程度で止まり、数秒間したらまた元の状態に体をゆっくりと戻してあげてください。

これを数回行うことによって、骨盤内の筋肉が収縮と弛緩を繰り返しますので、生理中の骨盤内部や腰回りに澱んでいる血流が良くなり、ひどい腰の痛みもだんだんと和らいでいくはずです。

また、ゴムチューブを使ったストレッチもあります。

天井を向いたまま寝転んで、ゴムチューブを両手に持ったまま片方の足の裏に引っかけてあげて、ゆっくりと膝を曲げたり伸ばしたりする運動です。

膝を曲げる際には、腰回りを意識して体を少し左右にひねるのがポイントです。

生理痛で腰痛が辛い!ストレッチを続けよう!

生理痛で腰痛がひどく、辛い症状を抱えていらっしゃる女性もいらっしゃることでしょう。

そういった方々には、腰痛の予防や症状の改善のためにもストレッチを続けていくことをお勧めします。

生理で腰痛がひどい方は、たいていの場合が運動不足や加齢による筋肉の減少や筋力自体の衰えが原因となっているケースが見られます。

骨盤内部の筋肉が衰えてしまって柔軟性をなくしてしまうと、女性に場合に特に生理の時などに血流が悪くなってしまいますので、腰回りに辛い痛みを引き起こしてしまうのです。

こうした症状を改善していくには、普段の日常生活の中でも腰回りを中心としたストレッチを積極的に取りいれて、毎日コツコツ続けていくことが大切なのです。

ストレッチでしたら特別な運動などされずとも、ご自分の体調に合わせながら、自宅でちょっとした空いた時間に行うことが出来ます。

気分転換にもつながって、ストレスがすっきりと解消されますので、筋肉の代謝や柔軟性がアップしていきます。

この記事の続きを読む

次のページ>>  生理痛で腰痛になるのはなぜ?

 - 女性の症状