welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

生理痛で腰痛の症状がひどい場合ストレッチで緩和できる?

   

生理痛で腰痛の症状がひどい場合ストレッチで緩和できる?

女性の7割から8割が何かしら生理痛の症状があります。

その中でも多くみられる症状が腰痛で、

痛みを緩和する為の方法のひとつストレッチについて説明します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

生理痛で腰痛がひどい場合ストレッチで緩和できる?

生理痛が原因で腰痛がひどい場合ストレッチで緩和することが出来ます。

生理の際に腰痛が起こる原因は簡単に説明すると血行不良と骨盤の歪みということが出来ます。

そしてストレッチをすることにより血行も良くなりますし、骨盤の歪みを矯正することが出来るのです。

普段は全く腰痛など起こらないのに生理中だけ腰痛の症状が出るという人も少なくありません。

その理由は経血を排出しやすい様に普段より骨盤が開いている状態だからです。

また血行不良に関しても生理中というのは血を体内から排出しているので通常よりも貧血の症状が出やすくなります。

そして貧血により体温が下がってしまうことで血行不良に拍車がかかってしまうのです。

なので日頃から血行不良や骨盤の歪みを改善する必要がありますが、生理中は特に腰痛になりやすい状態だと言えます。

そして慢性的に腰痛を抱えている人は生理中はさらに悪化してしまい、生活に支障が出るといった場合もあります。

そうならない為にもきちんと対策をしておく必要があるのです。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

生理痛で腰痛がある場合どうストレッチ以外の緩和方法は?

生理痛で腰痛がある場合はストレッチで症状が緩和することが出来ますが、腰痛が酷い人は体を動かしたくないという人も少なくありません。

そんな人にオススメしたい方法は次の3つです。

まずはテーピングで骨盤を1周くるりとテーピングをすることで骨盤の位置を整えて下腹部のうっ血を解消することが出来ます。

その上痛む腰の筋肉をテーピングで補助するといった効果もあります。

次に生理痛のツボと腰痛のツボを覚えておいて生理痛による腰痛の症状が出た場合に両方共を押してやりましょう。

知識さえあれば道具も要らず場所も問わないので職場でオススメです。

あと自宅で時間がある時にはお灸で血行促進をする方法もあります。

ただし腰痛の場合は腰にお灸をすることになるので1人では出来ません。

家族に手伝ってもらえる環境にある場合は試してみて欲しい方法です。

血行が良くなるだけではなく筋肉も解れるのでかなり腰痛の改善効果が期待出来ます。

ただ自分1人で出来ない点と道具が必要なので他の方法を試してみてあまり効果がないようならお灸をすることをオススメします。

生理痛で腰痛がひどい場合ストレッチをする際の注意することは?

生理痛で腰痛がひどい場合ストレッチをする際の注意することはあまり無理をしないという点です。

生理痛というのはかなり個人差があり痛いけど動けない程ではないという人から、痛くて全く動けないという人まで症状は様々です。

また生理痛には波があるので今なら大丈夫と思っても、強い痛みが襲ってくる場合もあります。

そんな時は無理せずに痛い部分を温めて布団に横になっておくことをオススメします。

腰痛緩和の為には何がなんでもストレッチをしないといけないという訳ではないのです。

いろいろな方法があるので痛みが強い時は動かずに出来る方法を選ぶようにして下さい。

また腰痛の症状が酷い時に無理してストレッチをする事で症状が悪化してしまうケースもあるので、くれぐれも自分の体の様子を見ながらストレッチを行うようにして下さい。

また一言でストレッチといっても血行を良くするモノ、骨盤を矯正するモノ、手軽に座ったままオフィスでも出来るものまでいろいろあるのでその時に自分に合ったモノを選ぶようにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  どうして生理痛で腰痛がひどくなる?

 - 女性の症状