welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

歯痛と頭痛と耳痛の症状は何のか病気なの?

   

歯痛と頭痛と耳痛の症状は何のか病気なの?

歯痛と頭痛と耳痛というのはとても関係の深い痛みです。

同時に発症してしまうと一体どこに原因があるのか分かりづらいので困ってしまいます。

今回はこういった痛みについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

歯痛と頭痛と耳痛がありますが何か病気?

まずこれらの歯痛、頭痛、耳痛といった症状だけでは判断できませんが、病気の可能性は十分にありえます。

痛みというのは異常を知らせるサインだからです。

なぜ痛みは生じるのでしょうか。

痛みと言うのは体内を網羅する神経から伝えられた電気信号を脳がキャッチして初めて感じるものです。

ではどういったときに神経から電気信号が発せられるのでしょうか。

それは異常のある部位が酸欠になることによって発痛物質が産出され、この発痛物質が神経に痛みの電気信号を発生させているためです。

そしてこの発痛物質はほとんど筋肉から産出されます。

もっと簡単にまとめると、筋肉が酸欠状態になることで神経が痛みを脳に伝えるということです。

その部位の筋肉が酸欠になるということは何らかの異常があるということになります。

また、筋肉が絡み合う頭という部位では様々な箇所に痛みが出る恐れがあります。

歯痛、頭痛、耳通では虫歯や副鼻腔炎、上顎洞炎、三叉神経痛など様々な病気が考えられ、特定することは難しいものとなります。

ただ一番最初に痛み出したところが最も損傷の早い場所かもしれません。

歯が最初に痛み出したのなら虫歯の可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

歯痛と頭痛と耳痛の中で優先して治療すべきはどれ?

歯痛が最初なら虫歯を疑い、頭痛や耳痛なら副鼻腔炎のような顔の奥深くに膿が溜まっている疑いもあります。

何よりまずは最初に痛いと感じた部位を優先しましょう。

もしその他の箇所の痛みがひどいのであればそれを優先した方が良いかもしれません。

とにかく病院へ行き症状について詳しく述べる事が大事です。

痛みと言うのはひどいものであれば睡眠を阻害するレベルのものにもなってしまいます。

軽いものでもずっと痛むのであれば生活に支障をきたすでしょう。

こうした症状と言うのは、まず自身の生活においてどれが問題かを設定することが重要です。

もし緊急に痛みをとりたいのであれば、最も痛い箇所を病院で見てもらうのも一つの手です。

どれか一つの部位で痛みを感じたからといって原因がどこにあるかは直ぐに確認できません。

ですが、同時に痛くなるならまだしも、おおむね一番最初に痛みを感じた箇所が原因と言えます。

一番痛みが辛い箇所か、一番最初に痛み出した箇所を優先的に治療しましょう。

歯痛と頭痛と耳痛はどうして起こる?

これらの痛みは関係の深いものです。

歯痛には「非歯痛原性歯痛」という変わった症状があります。

これは歯が原因では無いのに歯が痛むという現象です。

例えば上顎洞炎というのは鼻の周囲奥に存在する上顎洞という部分に炎症が生じる病気です。

これに罹ってしまうと頭痛の他に歯も痛み出します。

その原因は現在でも解明しきれてはいないのですが、歯痛と頭痛と耳痛といった痛みは混在することがあるのです。

痛みはいずれも筋肉の異常により酸欠状態となり、その筋肉周辺の神経細胞が痛みの電気信号を脳に送ることで痛み出すのです。

ですが歯痛と頭痛と耳痛は何らかの理由により混線してしまい上手く伝えることができません。

異常のある部位以外で痛みを感じる事を関連痛と呼びます。

関連痛は顔面全体に及んだりすることもあるため、その辛さは大きなものです。

症状が深刻になればなるほど神経は痛み信号を脳へとどんどん送りだすでしょう。

痛みを取り除くには早期の治療が必要です。

この記事の続きを読む

次のページ>>  歯痛と頭痛はどうして起こる?

 - 口・歯の症状