welldepot

健康・身体の症状に関する知識の貯蔵庫

手のひらが赤い、ひりひりする場合の原因や対処法は?

   

手のひらが赤い、ひりひりする場合の原因や対処法は?

手のひらが赤い状態になり、痛みやかゆみを感じてひりひりしてしまうこと、ありますよね。

赤く腫れると、何か病気が隠れているのではと不安になってしまいます。

では、手のひらが赤くひりひりするのはどんな病気が考えられるのでしょうか。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

手のひらが赤くひりひりするのですが何が原因?

手のひらが赤くなってしまったのは、いつごろからなのでしょうか。

以前からずっと、手のひらが赤い場合なら、特別な病気ではない可能性もあります。

しかし、手のひらが赤くひりひりする場合に考えられるのは、手湿疹です。

手湿疹は、手のひらや指にできるアレルギー性の湿疹のことで、

主婦に多く見られることから主婦湿疹とも呼ばれています。

台所仕事で使用するキッチン洗剤によるかぶれや、

刺激によって手にアレルギー反応が出てしまい、

重症化すると赤く腫れてひりひりしてしまいます。

手に元々、存在する皮膚を守るためのバリヤ機能が、

水を使用しながら、幾度も洗剤を使って食器を洗うことで、

破壊されて乾燥してしまいます。

体質的なものもあり、

乾燥肌がひどい状態の人では洗剤に敏感に反応してしまい、

シャンプーや洗濯、掃除など家事全般が原因となってしまいます。

乾燥肌ではなくても、空気が乾燥してしまう冬場に、

頻繁に水で家事を行うことで、手湿疹ができやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

  今日の人気記事ランキング

手のひらが赤くひりひりする場合どうしたらいい?

赤くてひりひりするような痛みやかゆみがひどい場合には、

皮膚科に相談することがおすすめです。

炎症が強く、傷になってしまっているなら、

ステロイドを配合した外用薬や軟膏などの治療薬が処方されるでしょう。

また、自宅で治癒する場合には、

薬局で白色ワセリンや尿素を配合したハンドクリームなどをこまめに塗るようにしましょう。

手湿疹の場合でも、家事をしなければならないこともあります。

その時には、キッチン用手袋でカバーをしながら作業するようにしましょう。

また、仕事で水を使うような方には、

キッチン用の手袋をしてはいけないようなケースもあるでしょう。

しかし、傷になっているなら、完治するまで、分厚いゴム手袋ではなく、

薄くて使い捨てタイプの商品を使用することをおすすめします。

仕事が終わる度に、何度もハンドクリームを付けて、

手から失われた油分と水分を補うようにしてください。

また、手湿疹の原因として、金属アレルギーによる腫れ症状が見られることもあります。

一度、時計や指輪などのアクセサリー類を確かめてみましょう。

手のひらが赤くひりひりするが病院ですぐ治る?

手のひらが赤くひりひりしてしまう病気として、多形滲出性紅班という病気があります。

この病気には、2つの症状があり、1つめは、手の甲から肘と、足の甲から膝にかけて赤い親指大の斑点が出てくる症状です。

春から夏にかけて患者数が増え、かゆみを伴うものです。

かゆみや痛みはあっても、軽症で、病院ですぐに治ります。

皮膚科での治療が有効です。

非ステロイド系の抗炎症薬や、ステロイド系の外用薬を用いて治療します。

アレルギー反応が原因で起きたと原因が明確な場合には、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を使用して治療します。

2つめは、全身に渡り赤い斑点ができるタイプで、

スティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死融解症などと呼ばれています。

こちらは、重症化してしまうタイプで高熱、眼の充血、粘膜のびらんなどを伴います。

重症化のやけどのような症状になり、命にも危険が及ぶ可能性も出てきます。

すぐに、病院へ行くようにしましょう。

この記事の続きを読む

次のページ>>  手のひらが赤くなるのはどうして?

 - 皮膚の症状